目の下のクマたるみ治療 TOP > 目の下のクマたるみ 治療・手術徹底解剖! > 裏ハムラ

目の下のクマ・たるみ治療・施術法 徹底解剖!
裏ハムラ

内容・効果

一度の手術でクマ・たるみを撃退!注目の「切らないたるみ治療」

下まぶたのまつ毛のはえぎわギリギリを切開して、余分な脂肪をくぼんだ部分に移動させることで目元をスッキリさせるのが、ハムラ法(眼窩脂肪移行術)。ハムラ法が切開手術であるのに対して、「目の下の切らない手術」それが裏ハムラです。経結膜的眼窩脂肪移行術、トラコンハムラ法とも呼びます。まぶたの下を切開するかわりに、下まぶたの裏側にある結膜に穴を開け、余分な眼窩脂肪をくぼんだ場所に移動させる手術方法です。皮膚を切らないため傷あとが残らず、カラダへの負担も大幅に軽減。目の下のたるみが比較的軽い人や、切開術で傷を残したくない人に絶大な人気を誇っているメニューです。
 目の下の裏ハムラは非常に高度な外科技術が必要になるため、取り扱っているクリニックは多くありません。最近登場した新しい技術でもあるので、ドクター選びは特に慎重に行う必要があります。

おすすめクリニック
比較ランキングはこちら

裏ハムラのメリット

目の下の裏ハムラは、切開手術ではないためカラダへの負担が少なく、しかも一度の手術でたるみを取って目元をスッキリさせることができるという、非常にメリットの多い画期的な施術と言えます。ヒアルロン酸注入などのプチ整形と違って効果は半永久的。それでいてダウンタイムが短いとあって、クマ・たるみ治療の中でも大きな注目が集まっています。

裏ハムラのデメリット・リスク

まぶたの裏の結膜側を小さく切開し、そこから余分な眼窩脂肪をくぼんだ部位に動かす目の下の裏ハムラは、目の下のくぼみとふくらみを同時に解消するという非常に難しい手術です。経験や実績のないドクターが行うと、失敗の原因になりかねませんので、目の下の裏ハムラで実績のあるクリニックを選んでください。また余分な皮膚が多い人は、皮膚のたるみを改善できない場合もありますので、目の下の裏ハムラには適していません。

裏ハムラのダウンタイム

目の下の裏ハムラは切開術ではないため、比較的ダウンタイムが短めです。ただし粘膜に穴を開けるため、施術後1週間ほど腫れが続きます。

裏ハムラが得意なクリニック

クリニック日比谷
経結膜的眼窩脂肪移動術(トラコンハムラ) 367,500円
目の下のクマ・たるみ治療が得意な美容クリニック比較ランキング
  1. セオリークリニック

    セオリークリニックのキャプチャー画像

    ノーダウンタイムを実現した最新の技術で治療できるクリニック。院長がカウンセリングからアフターケアまで担当。

  2. 銀座みゆき通り美容外科

    銀座みゆき通り美容外科のキャプチャー画像

    圧倒的な症例数を誇るクリニック。個々に合った最適な治療を提案してくれます。メディアへの露出も多いです。

  3. オザキクリニック

    品川美容外科のキャプチャー画像

    レーザーや注入治療を得意とするクリニック。複合治療のバリエーションも豊富です。カウンセリングが丁寧と評判。

  4. 二子玉川美容外科
    クリニック

  5. 聖心美容クリニック