目の下のクマたるみ治療 TOP > 目の下のクマたるみ 治療・手術徹底解剖! > テノール

目の下のクマ・たるみ治療・施術法 徹底解剖!
テノール

施術の概要

お肌の深部刺激でコラーゲンを生成させてたるみ解消!

テノールは、Radiative RFという高周波をお肌の奥に当てることによって、リンパと血液の流れを促進させ、たるみを改善する施術法です。また、その高周波の熱によって、線維芽細胞のコラーゲン生成機能を促進させることができるため、お肌が綺麗になろうとする能力自体を高めることができます。

テノールの治療内容とは?

高周波の熱によりたるみを改善

テノールは高周波の熱によりたるみを改善する施術法。高周波を使用しているという点はサーマクールと同じなのですが、高周波の届く距離が異なり、サーマクールよりもテノールの方が深部にまで高周波が届きます。そのため、コラーゲンの生成やターンオーバーの促進などが可能です。

ただし、肌の深部から肌機能を回復させる施術のため、サーマクールに比べると、引き締め効果は弱くなります。

衰えた肌機能を回復させる施術

テノールは衰えた肌機能を回復させるための施術なので、たるみだけでなく、しわや肌質の改善などにも効果をもたらします。そのため、たるみの改善目的の施術であったとしても、全体的に肌が元気になったような効果を実感できるでしょう。

テノールのメリット

お肌本来の能力を高められる

テノールの最大のメリットといえば、肌本来の能力を高めることができるという点です。例えば、目の下のたるみにテノールを利用した場合、施術によって疑似的にたるみを解消するのではなく、たるみができない状態の肌を取り戻すことが可能となります。

施術をするたびに肌の機能は高まっていくので、続ければ続けるほど効果が高まっていき、ハリと弾力のある若々しいお肌を取り戻すことができるのです。他の施術法との併用も可能なので、さまざまな美肌治療と組み合わせることで、より一層高い効果を期待することができます。

痛みがなく気軽に施術を受けられる

テノールは、施術時間が短く、痛みが少ないというところも魅力のひとつ。施術時間は15~30分ほどで、痛みはほとんど感じず、ほんのりと温かみを感じる程度です。そのうえ、他の施術法に比べて料金も低めに設定されているので、気軽な気持ちで施術に立ち寄れるというメリットがあります。

テノールのデメリット・リスク

他の施術法よりも効果は低め

テノールは安全性の高い美肌治療なので、リスクはほぼないといってもよいでしょう。ただし、お肌に対して目に見える効果は、他の施術方法よりも低いといわれています。そのため、何回か施術を行わなければリフトアップを実感できない場合もあります。

医師の技術や経験によって仕上がりが変わる

医師の技量によって仕上がりが左右されやすいテノール。経験が少ない医師の施術では、想像していたような効果が現れない可能性もあります。そのため、クリニック選びや医師選びが非常に重要です。

テノールのダウンタイム

テノールにはほとんどダウンタイムがありません。体質によっては施術直後に赤みが現れる場合もありますが、すぐに自然に消えてしまいます。施術後に痛みや腫れが残るという場合は少なく、施術直後からメイクや洗顔、洗髪が可能です。ただし、当日だけ入浴は避けるようにしてください。

テノールが得意なクリニック

タカミクリニック
テノール
  • ほほ10分:12,960円(2回目~16,200円)
  • 顔全体+首:20分25,920円(2回目~32,400円)
theクリニック東京
テノール
  • 全顔:27,000円(2回目~30,000円)
目の下のクマ・たるみ治療が得意な美容クリニック比較ランキング
  1. セオリークリニック

    セオリークリニックのキャプチャー画像

    ノーダウンタイムを実現した最新の技術で治療できるクリニック。院長がカウンセリングからアフターケアまで担当。

  2. 銀座みゆき通り美容外科

    銀座みゆき通り美容外科のキャプチャー画像

    圧倒的な症例数を誇るクリニック。個々に合った最適な治療を提案してくれます。メディアへの露出も多いです。

  3. オザキクリニック

    品川美容外科のキャプチャー画像

    レーザーや注入治療を得意とするクリニック。複合治療のバリエーションも豊富です。カウンセリングが丁寧と評判。

  4. 二子玉川美容外科
    クリニック

  5. 聖心美容クリニック