目の下のクマたるみ治療 TOP > 目の下のクマたるみ 治療・手術徹底解剖! > レーザー治療

オススメNo.3
レーザー治療のイラスト画像

目の下のクマ・たるみ治療・施術法 徹底解剖!
レーザー治療

内容・効果

肌が生まれ変わる!即効性がある注目の治療法。

目の下のレーザー治療は、メスを使った切る手術と違ってカラダの負担がほとんどなく、それでいて即効性があるということから、最近多くの美容外科クリニックでも力を入れている注目のメニューです。
目の下のクマやたるみの多くは、皮膚の中のコラーゲンやヒアルロン酸が加齢とともに減少したり、日焼けなどによってメラニン色素が沈着したりするせいで起こります。目の下のレーザー治療は、そうした加齢や肌ストレスによるクマやたるみに、特定のレーザー光線を直接照射することによって、コラーゲンやヒアルロン酸などの生成を活性化させ、肌が生まれ変わるターンオーバーのサイクルを促進します。
 美容先進国・アメリカではレーザー治療マシンが日々開発されていて、各クリニックでも導入されているマシンが異なることが多いので、まずはどんなマシンが導入されていて、どんな効果があるのか確認しておきましょう。また、料金は1回あたりの金額で書かれていることが多いのですが、確実に効果を発揮させるには5回程度続けて照射を受ける必要がありますので、トータルの金額を考えてチョイスすることをおすすめします。

レーザー治療のメリット

先生のイラスト画像目の下の皮膚にレーザー光線を照射する治療方法のため、メスで切ったり、注射をしたりといったことがなく、カラダへの負担がほとんどないのが特徴です。それでいてヒアルロン酸などの注射系のメニューに比べて効果が長く続き、すぐに効果を実感できる点がレーザー治療ならではのメリットと言えます。照射時にゴムではじかれたような痛みを伴うことがありますが、ダウンタイムが短く、いつも通りに生活できるのも魅力です。

クマは数種類あり、それぞれ原因が異なります。そのため、クマの症状や状態に合わせた治療をすることが大切です。特に茶クマにはスタックトーニング(レーザートーニング)が良いでしょう。理由は、茶クマの原因にあります。茶クマの原因は色素沈着です。普段から目をこするクセがあったり、メイクを落とす際にゴシゴシと力を入れて落としていたりすると、シミや黒ずみの原因となります。目のまわりは乾燥しやすく、保湿ケアを十分にしていないと肌が乾燥するもの。肌の乾燥がくすみの原因となり、茶クマといわれるクマができやすくなるのです。

表皮にできた程度の軽い茶クマであれば、ハイドロキノンなど美白効果が高いといわれている化粧品で改善できることがあります。しかし、真皮レベルで色素沈着を起こしてしまった茶クマは化粧品での改善は難しいでしょう。そこでおすすめなのが、スタックトーニング(レーザートーニング)です。スタックトーニングはレーザーを低出力で広範囲に照射するという方法であり、皮膚内部に沈着したメラニン色素を破壊し、色素沈着を改善します。この方法であれば、気になる茶クマの改善が期待できるでしょう。

レーザー治療のデメリット・リスク

目の下は皮膚が非常に薄いため、目の下のレーザー治療ではどんなレーザーをどの強さでどのくらいの時間照射するのかによって、効果が大きく変わってきます。つまり、施術を行うドクターの腕次第という部分が大きいのがデメリットと言えます。メスを使わない治療のため、比較的経験の浅いドクターが担当するクリニックも残念ながらあるようですので注意が必要です。

レーザーは少ないリスクで効果がある方法といわれていますが、照射したときの刺激で肌に赤みや痛みが出ることがあります。ほとんどは2時間程度で消えるものですが、時間が経ってもヒリヒリしていたり、赤みがひどくなったりする場合、すみやかに医師に相談しましょう。我慢をしていると、肌荒れなどトラブルの原因になります。

照射後はかさぶたになることがありますが、新しい表皮を作るために必要な過程なので、無理にはがさないようにしましょう。シミが一時的に濃くなることもありますが、徐々に薄くなっていきます。しかし、シミが濃いままの状態は注意が必要です。

レーザー照射後は肌が敏感になっているので、刺激には注意しましょう。紫外線対策をすること、保湿ケアを十分にすることが大切です。

レーザー治療のダウンタイム

照射するレーザーの種類などによって、目の下のレーザー治療でのダウンタイムは大きく異なります。ダウンタイムがほとんどなく、施術後すぐにメイクができるクリニックもあれば、照射後1~2週間は赤みや腫れが続くことも。施術前にダウンタイムがどれくらい必要なのか、ドクターにしっかり確認しておきましょう。

スタックトーニング(レーザートーニング)は、1~2週間に1回の間隔で顔全体への照射を行うことが推奨されています。施術中、部分的にちくちくとした痛みを感じますが、施術後の痛みや腫れはありません。施術後は少し赤くなる程度で、施術後はすぐにメイクをすることが可能です。洗顔やコンタクトレンズも当日から可能で、シャワーや入浴の制限もありません。しかし、赤みや熱感が残っている場合は、長時間温めないようにしましょう。

レーザー治療が得意なクリニック

セオリークリニック
スタックトーニング(レーザートーニング)部分1回+SPイオン導入 21,000円~
二子玉川美容外科クリニック
レーザートーニング:1回21,000円
タカミクリニック
タカミ式フラクショナルレーザー治療:顔全体1回30,450円~
目の下のクマ・たるみ治療が得意な美容クリニック比較ランキング
  1. セオリークリニック

    セオリークリニックのキャプチャー画像

    ノーダウンタイムを実現した最新の技術で治療できるクリニック。院長がカウンセリングからアフターケアまで担当。

  2. 銀座みゆき通り美容外科

    銀座みゆき通り美容外科のキャプチャー画像

    圧倒的な症例数を誇るクリニック。個々に合った最適な治療を提案してくれます。メディアへの露出も多いです。

  3. オザキクリニック

    品川美容外科のキャプチャー画像

    レーザーや注入治療を得意とするクリニック。複合治療のバリエーションも豊富です。カウンセリングが丁寧と評判。

  4. 二子玉川美容外科
    クリニック

  5. 聖心美容クリニック