目の下のクマたるみ治療 TOP > 目の下のクマたるみ 治療・手術徹底解剖! > ヒアルロン酸注入

オススメNo.2
ヒアルロン酸注入のイラスト画像

目の下のクマ・たるみ治療・施術法 徹底解剖!
ヒアルロン酸注入

施術の概要

目の下にヒアルロン酸を注入して、ふっくら愛らしい目元に♪

ヒアルロン酸注入とは、人間の体内にもともと存在している保湿成分であるヒアルロン酸を、注射によって皮膚の下に注入する施術方法です。ヒアルロン酸はコラーゲン組織を保つ役割を果たしており、お肌の柔軟性やハリ、弾力を保つために必要な成分です。ヒアルロン酸を注入することによってお肌の保湿効果を高め、たるみやシワのないふっくらとしたお肌を作り出します。

ヒアルロン酸の治療内容とは?

そもそもヒアルロン酸とは?

化粧水や保湿クリームの成分表示でもよく目にする「ヒアルロン酸」。よく聞くけれど、具体的にどんな成分なのかをよく知らない方もいるかもしれません。 ヒアルロン酸とは、哺乳動物の関節組織などに多く存在する物質で、眼球やへその緒、皮膚、大動脈、軟骨、骨などいろいろな場所にあります。精製されたヒアルロン酸ナトリウムは白色で、物質の特徴として「保水性の高さ」が挙げられます。なんと、その保水性は1gのヒアルロン酸ナトリウムで約6Lの水を保水できるとも言われるほどです。[1]

注入するだけで目の下のたるみが解消

皮膚のシワやカサつきなどの老化の原因は、皮膚の水分量の減少です。皮膚に存在するヒアルロン酸は、年齢を重ねるごとにコンドロイチン硫酸と呼ばれる物質と置きかわり、全体の量が減ってしまいます。そうなると、肌の保水力が低下し、シワができてしまうのです。[1]

目の下のクマは、こうした水分量の低下に加えて、皮膚がたるんでできてしまうもの。ヒアルロン酸を注入することで、凹んでクマとなった部分の容積を増やし、クマを解消するのがヒアルロン注入治療です。

シワに対する治療法についてTable5にまとめた.皮膚の膠原線維や脂肪等の皮膚成分の減少による場合は,その容積増加のために,ヒアルロン酸や脂肪組織の注入療法等が用いられる.

出典:『美容皮膚科におけるレーザー治療』日本レーザー医学会誌27(4),2006

ヒアルロン酸の安全性は?

ヒアルロン酸は、皮膚にもともとある成分のため、比較的安全性が高い物質です。注入されたヒアルロン酸は時間をかけて体内に吸収されますし、美容外科の分野以外にも関節症の治療などにも用いられることがあります。

ヒアルロン酸製剤が開発された初期にはアレルギー反応が出ることもあったようですが、2000年以降はこうしたアレルギー反応が出るケースもまれになったと報告されています。

ヒアルロン酸製剤が1998年より臨床応用が報告され,現在では広くしわや陥凹の治療に用いられている。初期のヒアルロン酸製剤はアレルギー反応を起こすことがあったが2000年以降の製品からは希であるため,皮内テストが不必要とされ現在の注入治療では最も多く使 用されている。

出典:『シワのサイエンス~成因から改善アプローチまで~美容外科的しわ治療最新情報』日本香粧品学会誌,37(1),2013

同様の目的で用いられる牛由来のコラーゲン注入剤に比べてアレルギー反応が非常に低く安全な治療法として評価されている

出典::『(3)美容医療で美しく : Well-agingのためのSkin rejuvenation(<シンポジウム>Well-aging-rejuvenation医療の現状,第73回東京女子医科大学学会総会) 』東京女子医科大学雑誌,78,2010

ヒアルロン酸注入の流れ

メスを使わずに目の下のクマを解消できるヒアルロン酸注入。 大まかに、治療の流れは次のようなものとなります。

  1. カウンセリング、治療日の決定・予約

    骨格や表情のクセ、クマの程度などを総合的に見ながら、どんな仕上がりにするかを担当医からカウンセリングしてもらいます。

  2. 施術〜麻酔〜

    施術当日は、注入予定場所をマーキングします。次に、注入時の痛みを軽減するために麻酔をかけます。麻酔の方法はクリニックによっても異なります。ブロック注射やクリーム麻酔(塗る麻酔)などがあります。

  3. 施術〜注入、ダウンタイム〜

    麻酔をかけ、ヒアルロン酸を注入します。一度注入したヒアルロン酸は、半年〜1年ほど持続します。アレルギー反応がないか、事前にテスト注入を目立たない部位でするケースもあります。

ヒアルロン酸注入のメリット

先生のイラスト画像目の下のヒアルロン酸注入は、なんといっても手軽さが最大のメリット。ヒアルロン酸注入は注射で皮下に直接注入するのですが、メスで切らないためカラダへの負担がほとんどなく、もともと体内にある成分のため拒否反応もないのが特徴です。料金も5万円~10万円ほど、安いクリニックでは3万円程度のメニューもあり、気軽に施術を受けることかができます。

効果がすぐに表れる

効果がすぐに現れるという点も、ヒアルロン酸注射の大きなメリットです。一般に美容外科における施術は、時間をかけて徐々に理想に近づいていくという経過をたどりますが、ヒアルロン酸注射に関しては、施術後すぐに効果を実感することができます。注射後に鏡を見て「やって良かった」と思えるでしょう。[2]

施術後の修正も手軽に受けられる

施術後に手軽に修正できる点もヒアルロン酸注射のメリット。いざヒアルロン酸注射を受けたものの、仕上がりに満足できなかった場合には、ヒアルロニーターゼと呼ばれる、ヒアルロン酸を吸収させる専用の薬剤により元に戻し、改めてヒアルロン酸を注入することができます。[3]

ヒアルロン酸の種類も豊富

他にも、ヒアルロン酸の薬剤の種類の多さはメリットと言って良いでしょう。それぞれの薬剤は、仕上がりの硬さや期待される効果の持続期間などが異なります。目の下のクマやたるみの症状は、患者によって千差万別。それぞれの症状の微妙な違いに合わせて適宜薬剤を選択できる点は、ヒアルロン酸注射の大きなメリットと言えるでしょう。

ヒアルロン酸注入のデメリット・リスク

仕上がりには個人差がある

比較的手軽に行われるヒアルロン酸注入ですが、仕上がりには個人差があります。注入する場所が浅いと、青いクマのようになってしまうケースもありますし、注入してすぐは触ると少し硬く感じられることもあるようです。
(ヒアルロン酸は)皮膚の成分として0.2%程度含まれているので,注入後少し硬さと凸を感じる場合がある。また皮膚の浅い層に注入すると,青い凸に見える現象が出現することがある。

出典:『(3)美容医療で美しく : Well-agingのためのSkin rejuvenation(<シンポジウム>Well-aging-rejuvenation医療の現状,第73回東京女子医科大学学会総会) 』東京女子医科大学雑誌,78,2010

効果が持続しない

ヒアルロン酸は、注入後半年から1年ほどかけて体内に注入されてしまいます。そのため、効果を持続させるためには、定期的にヒアルロン酸注入を繰り返す必要があります。

欠点としては生体吸収性材料のため,施術後半年程度で消失するので繰り返しの治療が必要になることであるが,かといって非吸収性材料の場合,早晩異物反応から肉芽腫性病変へと移行するため,長期的な安全性には問題がある.

出典:『形成外科学的なアンチエイジング』順天堂醫事雑誌,59(4),2013

不自然に目の下が盛り上がってしまうことも

ヒアルロン酸注入では、通常0.1ml程度のごく微量のヒアルロン酸が注入されます。ごく微量と言っても、注入する場所によっては、周囲の水分を吸収し不自然に膨らんでしまうことがあります。 ヒアルロン酸の注入場所や深さが悪いと、ヒアルロン酸が自然に体内に吸収されるまで待つか、手術で除去することになります。[3]

内出血や腫れが出る場合も

ヒアルロン酸注入は非常にデリケートな施術です。ほんの少し注入場所を間違えるだけでも、毛細血管が傷つけられ、内出血や腫れを生じることがあります。ドクターの腕に左右されるケースも多々あります。 また、ごく稀ではありますが、ヒアルロン酸が目の周りの細い動脈に詰まってしまい、血行障害を引き起こし失明や皮膚の壊死などを引き起こすケースもあります。ぜひ信頼出来るクリニックを選びましょう。

ヒアルロン酸注入のダウンタイム

施術も短くダウンタイムもほとんどない

ヒアルロン酸注入は、針を刺して成分を注入する治療のため腫れや内出血が出る場合もあります。他の治療法と比べてダウンタイムは比較的短いですが、腫れが出た場合は数日〜1週間程度のダウンタイムが必要となります。 ただし、すべての人に腫れや内出血が生じるわけではありません。万が一生じた場合でもコンシーラーなどを使えばカバーできる程度でしょう。

ヒアルロン酸が向いていない人

たるみ具合が重度の人

目の下のたるみが重度の方は、ヒアルロン酸の注入だけではたるみが改善しない可能性もあります。ヒアルロン酸で解消できる範囲には限度があり、それ以上の重度のたるみになると、手術を行う方が確実に解消できるでしょう。ヒアルロン酸は微細な調節ができる施術法ですが、その分大きな変化をもたらすことは得意ではありません。

黒クマ以外のクマに悩んでいる人

ヒアルロン酸注入で改善できるクマは、目の下のたるみが原因となる黒クマのみです。そのため、色素沈着が原因の茶クマ、血行不良が原因の青クマでは、ヒアルロン酸注入では効果が実感できないことが多くなります。クマの種類によってそれぞれ最適な施術法があるので、カウンセリングの際に相談してみてください。

半永久的な効果を期待している人

ヒアルロン酸は体内に存在している成分のため、時間とともに体内に吸収される特徴があります。ヒアルロン酸注入による効果は6ヵ月~1年ほど。1回の施術で半永久的な効果を得たいという方には、ヒアルロン酸注入以外の施術法がおすすめです。

レーザー治療を受けた人の口コミ

  • 長年のコンプレックスだったクマがなくなった

    施術後に腫れと痣もあったため、心配になりましたが、落ち着いたころには、長年コンプレックスに感じていたクマがなくなって、若返った印象になりました。顔色がナチュラルメイクでもよく見えるため、お化粧するのもより楽しく感じています。

  • 半信半疑だったが…

    くぼみによるクマが目立っていたため、クリニックにかかり、目の下専用のコラーゲンなどが入っているヒアルロン酸を注入。半信半疑ではありましたが、くぼみがすっかり解消しました。

  • ダウンタイムは長引いたが…

    注入してからダウンタイムは1週間と聞いていましたが、実際には10日以上内出血と腫れが続いていました。しかし、仕上がり自体はとてもきれいで、結果的に大満足しています。

ヒアルロン酸注入の費用について

クリニックによって料金が違うのはなぜ?

ヒアルロン酸注入の施術費用は、それぞれのクリニックの金額を見てもかなり異なることがわかります。1回8,800~126,000円と幅広い価格帯ですが、この料金差はヒアルロン酸の種類によるところが大きいでしょう。クリニックで使用しているヒアルロン酸の価格によって、施術料金の差が発生しているのです。

ヒアルロン酸は価格よりも種類で選ぶ

ヒアルロン酸には多くの種類があり、リーズナブルで手軽に取り扱えるものから、高級なものまで取り揃えられています。クリニックによってはヒアルロン酸を数種類の中から選ぶことができるようになっており、使うヒアルロン酸によって価格が変わってきます。

ヒアルロン酸は種類によって特徴が異なり、有効な部位も異なってきます。そのため、施術料金が安い方が良いという訳ではなく、ヒアルロン酸の種類と効果について事前に確認し、自身の希望に合ったヒアルロン酸を選ぶことが大切です。

ヒアルロン酸注入が得意なクリニック

セオリークリニック
ヒアルロン酸ブレミアム(目の下) 63,000円、ヒアルロン酸/リデンシティ 1本35,000円
銀座みゆき通り美容外科
涙袋形成(ヒアルロン酸注入):80,000円
高須クリニック
注射式シワ取り長期持続型ヒアルロン酸注入/なみだ袋形成:1本105,000円
タカミクリニック
タカミ式ヒアルロン酸注入(目の下のくま・くぼみ):1本126,000円~
オザキクリニック
ヒアルロン酸注入(目の下):35,000円
イセアクリニック
ヒアルロン酸注入(目の下のクマ):0.1cc(1ヶ所)につき8,800円~
聖心美容クリニック
ヒアルロン酸注入・レスチレンパーレーン・リドカイン:1回57,750円、
ヒアルロン酸注入・ジュビダーム・ウルトラXC:1回68,250円
目の下のクマ・たるみ治療が得意な美容クリニック比較ランキング
  1. セオリークリニック

    セオリークリニックのキャプチャー画像

    ノーダウンタイムを実現した最新の技術で治療できるクリニック。院長がカウンセリングからアフターケアまで担当。

  2. 銀座みゆき通り美容外科

    銀座みゆき通り美容外科のキャプチャー画像

    圧倒的な症例数を誇るクリニック。個々に合った最適な治療を提案してくれます。メディアへの露出も多いです。

  3. オザキクリニック

    品川美容外科のキャプチャー画像

    レーザーや注入治療を得意とするクリニック。複合治療のバリエーションも豊富です。カウンセリングが丁寧と評判。

  4. 二子玉川美容外科
    クリニック

  5. 聖心美容クリニック