目の下のクマたるみ治療 TOP > 目の下のクマたるみ 治療・手術徹底解剖! > ハムラ法

目の下のクマ・たるみ治療・施術法 徹底解剖!
ハムラ法

内容・効果

余分な脂肪を生かして目元をフラットに!切る脱脂術の最新技術

目の下のクマやたるみ治療で最もポピュラーなのは、目の下にある眼窩脂肪を取り除く脱脂術ですが、その脂肪を取り除かないまま、目の下のくぼんだ場所に移動させることで目元の凸凹をフラットにさせるのが「ハムラ法」です。「眼窩脂肪移行術」とも呼びます。脂肪を体外に取り出す脱脂術だと、脂肪を取り出した部分が凸凹になってしまい、かえってクマが目立ってしまうというリスクがあったり、カラダへの負担もより大きくなったりするのが難点でした。その点ハムラ法は脂肪を取り出さず、くぼんだところに余分な脂肪を動かすことで目元の凸凹をなくすという画期的な手術法です。
 ハムラ法は切る脱脂術よりカラダの負担は小さくなりますが、高度な外科手術を必要とされるため、取り扱っているクリニックはまだ多くありません。また、ドクターの美的手センスによって仕上がりも大きく変わるため、クリニック選びについては慎重に行うことが重要です。

ハムラ法のメリット

ハムラ法の長所は、余分な脂肪を取り除かずに移動させることでカラダへの負担を軽減し、一度の手術で目の下の凸凹を確実に改善することができる点です。通常の切る脱脂術では余分な脂肪を取り除いた後、ヒアルロン酸などを注入したり、活性化させた脂肪を再び注入したりするなどの方法を取ることが多く、手間暇がかかりますが、ハムラ法はその点スピーディで確実に結果を出すことができます。半永久的に効果が持続する点も、大きな魅力です。

ハムラ法のデメリット・リスク

ハムラ法は皮膚にメスを入れる切開手術ですので、切らない手術に比べるとカラダへの負担はあります。まつ毛のはえぎわギリギリという目立たない場所ではありますが、切開する以上多少の傷はできてしまいます。ダウンタイムも長めですので、ある程度完治まで余裕をもったスケジュールで治療を進める必要があるでしょう。

ハムラ法のダウンタイム

切開術である以上、ハムラ法のダウンタイムはクマ・たるみ治療の中でも長いほうに入ります。施術後1~2週間は腫れや赤み、場合によっては内出血が続き、皮膚の弱い人は1ヶ月以上腫れがひかないこともありますので注意が必要です。

ハムラ法が得意なクリニック

聖心美容クリニック
ハムラ法(脂肪移動+たるみ除去) 504,000円
湘南美容外科
目の下のたるみ取り(切開ハムラ法):片目178,000円、両目298,000円
目の下のクマ・たるみ治療が得意な美容クリニック比較ランキング
  1. セオリークリニック

    セオリークリニックのキャプチャー画像

    ノーダウンタイムを実現した最新の技術で治療できるクリニック。院長がカウンセリングからアフターケアまで担当。

  2. 銀座みゆき通り美容外科

    銀座みゆき通り美容外科のキャプチャー画像

    圧倒的な症例数を誇るクリニック。個々に合った最適な治療を提案してくれます。メディアへの露出も多いです。

  3. オザキクリニック

    品川美容外科のキャプチャー画像

    レーザーや注入治療を得意とするクリニック。複合治療のバリエーションも豊富です。カウンセリングが丁寧と評判。

  4. 二子玉川美容外科
    クリニック

  5. 聖心美容クリニック