目の下のクマたるみ治療 TOP > 目の下のクマたるみ 治療・手術徹底解剖! > 脂肪注入

目の下のクマ・たるみ治療・施術法 徹底解剖!
脂肪注入

施術の概要

へこみタイプに最適な治療法

脂肪注入治療は、目の下のクマを改善する治療の中でも「へこみタイプ」のクマに効果的です。黒クマは目の下の脂肪がふくらむことでできる影が、涙袋より下方に黒い線となって表れるのが一般的。しかし、黒クマの中には目の下全体がくぼんでしまうことで発生するものもあります。この黒クマを改善するには、くぼんでいる目の下にふくらみを作らなければなりません。そのため、目の下のボリュームをアップできる「脂肪注入」が最適な治療法なのです。注入後は3週間ほどで定着し、1ヶ月~1ヶ月半で定着できなかった脂肪が吸収されて安定していきます。最近では、より生着率を上げて効果が長続きするように遠心分離機で生きた脂肪細胞だけを分離・濃縮させたものや、W-PRPなどの成長因子を配合することで肌そのものが若返る効果を高めたメニューも人気です。

「脂肪注入」の治療内容とは?

目の下のクマの治療方法としての脂肪注入。従来の脂肪注入技術は、顔全体に用いることができ、吸引した脂肪をそのまま注入する方法です。最近では濃縮処理を施し、生着率を高めた「コンデンスリッチフェイス・マイクロCRF」や、目の下の膨らみにある脂肪を取り除いてクマとなっている部分に脂肪を注入する「3Dリポアイリフト」なども脂肪注入の新たな技術として用いられるようになっています。

コンデンスリッチフェイス法

通常の脂肪注入では、身体から吸引した脂肪から不純物を取り除いたものを注入しています。コンデンスリッチフェイス法は身体から脂肪を吸引してその脂肪を目の下のクマに注入する点は同じです。加えて、不純物を取り除いた脂肪細胞を濃縮。老化細胞や死活細胞を取り除き、元気な脂肪だけを注入する方法になります。そのため、定着率も高く、より多くの脂肪を注入できます。 また、術後もしこりが残りにくく仕上がりがより自然だと言われています。[1]

3Dリポアイリフト

たるみが原因でできてしまっている目の下のクマを解消する「3Dリポアイリフト」は目の下のクマの原因2つに同時にアプローチする方法です。 目の下のクマは眼窩脂肪と呼ばれる眼球のまわりにある脂肪が目の周りの筋肉の老化に伴い圧迫され、ポッコリと飛び出してしまうことが原因の一つです。また、皮下脂肪が加齢に伴い下へと落ちていくに連れて、目元の脂肪がボリュームダウンしてしまう皮下脂肪の減少も原因と考えられています。

3Dリポアイリフトでは、まず目の下に突出した眼窩脂肪を除去(脱脂術)し、その後、皮下脂肪が減少した部分に脂肪を注入する方法です。

1回の施術でクマの原因にアプローチできる点、メスを顔に入れずに施術ができる点などが3Dリポアイリフトのメリットになります。[2]

脂肪注入のメリット

目の下のくぼみによりできる黒クマの解消には脂肪注入は物理的に凹んだ場所に膨らみを作る方法のため、わかりやすく効果が得られます。その他、脂肪注入の具体的なメリットを整理してみましょう。

自分自身の脂肪を使うこと

注入する脂肪は目の下にある余分な脂肪を使用することもあれば、お腹や太ももなどから採取します。自分が気になる部分の余分な脂肪を使用するため、目の下のたるみ改善だけでなく採取した部位の引き締め効果も同時に得られるのが嬉しいポイントです。

コラーゲン注入やヒアルロン酸注入よりも持続する

ヒアルロン酸注入は、注射だけで施術できることから手軽にできるクマ解消の施術法です。ところがヒアルロン酸は時間の経過とともに体内に吸収されてしまうため持続時間は数ヶ月〜1年。それ以上は再度の施術が必要となります[3]。一方、脂肪注入は効果の持続期間が長いため、繰り返しの施術をする手間や費用がなくなります。

アレルギーや副作用の心配が少ない

脂肪注入は、基本的に自分自身の脂肪を使うため、アレルギー反応などのリスクが少ない点も大きなメリットです。脂肪はお腹やふとももなどから採取されるのが一般的です。クリニックによっては、体への負担を減らすなどの目的から、目の下のたるみとなっている眼窩脂肪のみを使って脂肪注入を行うクリニックもあります。

脂肪注入移植法は生着や確実性に問題があるとされてきたが,採取部や移植部に瘢痕を残さない,自家組織のため異物に伴う後遺症がない,皮弁移植にくらべて形態形成の自由度が高い,侵襲が小さい手術である,などの利点があり,特に美容的観点からは優れた治療法である。

出典:(PDF)「脂肪幹細胞を用いた再生医療:美容皮膚科への応用」Aesthetic Dermatology Vol.20:225〜236,2010 [PDF]

脂肪注入のデメリット・リスク

脂肪を取る際に体に負担がかかる

脂肪注入は、自分の体から注入するための脂肪を吸引し、取り出します。そのため注射や切開など何らかの形で目の下以外にメスや針を入れることとなります。目立つほどではないものの自分の身体を傷つけてしまうことを頭に入れておきましょう。麻酔を行ないますが多少は痛みを伴うため、手術に抵抗がある人には難しそうです。吸入の時間もかかるため、施術時間もヒアルロン酸注入と比べて長くかかります。また、脂肪吸引は複数回の施術が必要。脂肪は時間の経過とともに、吸収されてしまいます。継続効果を得るためには数回の施術をしなければなりません。

効果が半永久的ではない

脂肪注入は比較的効果は長く続きますが、脱脂術や切る手術と違って半永久的ではありません。そのため、効果を持続させたいときは定期的に注入し続ける必要があります。

医師の腕によるところが大きい

どのくらい、皮膚のどのくらいの深さに脂肪を注入するかによって、目の下のクマを解消する脂肪注入の仕上がりは大きくかわります。 注入しすぎてしまえば、却って目の下の膨らみが大きくなったり、凸凹ができてしまったりして気になる箇所がより目立つようになることも。 じっくりとカウンセリング・シミュレーションを行ってくれる、腕のいいドクターのいるクリニックを選ぶ必要があると言えるでしょう。

脂肪注入のダウンタイム

2週間ほどで内出血・腫れなどが収まる

脂肪注入のダウンタイムはおよそ短い場合なら2〜3日。内出血などがある場合には1〜2週間かかります。 内出血になることは極めて稀。万が一内出血していた場合には、メイクや眼鏡でカバーしましょう。 また、メスによる切開ではなく注射針で注入するため、施術後は当日からシャワーが可能です。クリニックによってもダウンタイムに関する見解は様々ですから、まずは担当ドクターに問い合わせてみましょう。

脂肪注入が向いている人・向いていない人

脂肪注入が向いている人

  • へこんでしまっていることが原因のクマがある方
  • 脱脂によって目の下がへこんでしまった方
  • 薬剤を目元に注入することに対して抵抗がある方
  • クマがいくつか存在している方

脂肪注入が向いていない人

  • 体にあまり脂肪がなく、脂肪を採取するのが難しい方
  • 自分の体から脂肪を摘出するのに抵抗がある方
  • 目の下のくぼみが深い方

「脂肪注入」の口コミ

  • 疲れ顔が改善!

    目の下に影ができてクマになったのがずっと気になっていました。 施術を受けている間は痛みも感じませんでした。私はまずは脂肪を吸引して、その後凹んだ部分に脂肪注入をする方法でした。2日目に腫れはありましたが、コンシーラーでダウンタイムも隠せる程度でよかったです。

  • あっという間に施術が終わりました

    仕事をする上で疲れ顔がマイナスの印象を与えてしまうのが嫌で脂肪注入をしてもらいました。施術中は痛みもありませんでしたが、麻酔をかけたので手術当日はお風呂に入れませんでした。クマは少しまだ残っていますが、前よりは分かりにくくなりました。

  • コンデンスリッチフェイス法をやってみました

    鏡を見るのも嫌なくらい、クマとたるみがすごく、コンデンスリッチフェイス法をお願いしました。アイクリームやエステでは全く取れなかったクマも、術後1か月でほとんどなくなりました。「疲れてる?」と聞かれることもなくなり嬉しいです。

脂肪注入の費用相場

脂肪注入の費用相場は安いクリニックだと約200,000円、高いクリニックだと約400,000円。ヒアルロン酸注入やボトックス注入などよりも費用は高めに設定されていますが、持続期間が1年程度と長いのが特徴です。持続期間から見ると、コスパが良いと言えるでしょう。

脂肪注入と組み合わせて行なえる施術

脂肪注入と同時に経結膜脱脂の施術を受けることができます。下まぶたに存在する余分な膨らみを取り除いた後に、取れた脂肪をクマのある箇所に注入。目元に立体感ができ、より美しい仕上がりになります。経結膜脱脂した後に貧相な印象になるケースがありますが、脂肪注入を行なうことによってそれが改善されるのです。

脂肪注入が得意なクリニック

イセアクリニック
コンデンスリッチフェイス(眼の下)吸入用脂肪注入・スタンダード 315,000円~、脂肪吸引と同時申し込み・スタンダード 252,000円~
銀座みゆき通り美容外科
wPRP脂肪注入:250,000円、マイクロコンデンスリッチ脂肪注入:550,000円
目の下のクマ・たるみ治療が得意な美容クリニック比較ランキング
  1. セオリークリニック

    セオリークリニックのキャプチャー画像

    ノーダウンタイムを実現した最新の技術で治療できるクリニック。院長がカウンセリングからアフターケアまで担当。

  2. 銀座みゆき通り美容外科

    銀座みゆき通り美容外科のキャプチャー画像

    圧倒的な症例数を誇るクリニック。個々に合った最適な治療を提案してくれます。メディアへの露出も多いです。

  3. オザキクリニック

    品川美容外科のキャプチャー画像

    レーザーや注入治療を得意とするクリニック。複合治療のバリエーションも豊富です。カウンセリングが丁寧と評判。

  4. 二子玉川美容外科
    クリニック

  5. 聖心美容クリニック