目の下のクマたるみ治療 TOP > 目の下のクマたるみ 治療・手術徹底解剖! > FGF治療

目の下のクマ・たるみ治療・施術法 徹底解剖!
FGF治療

内容・効果

お肌のコラーゲン生成機能を活性化させてたるみ改善

FGF治療とは、FGFと呼ばれる「繊維芽細胞増殖因子」をたるみが気になるところに注入する治療法です。FGFとは人体の中にもともと存在している細胞で、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を作り出す役目を担っている線維芽細胞を増殖させる働きがあります。皮膚の表面にはFGFを受け入れるための受容体が存在し、そこに直接送り込むことによって、繊維芽細胞が増殖してコラーゲンを生成し、徐々にたるみが解消していきます。
FGF治療では目元の肌機能を高めて、たるみやクマを改善する効果も期待できます。体の内側から根本的に目元のたるみを解消し、本来のハリと弾力を取り戻したいという方には最適な施術法だと言えるでしょう。

FGF治療のメリット

組織を活性化させる施術なので安全性が高い

FGFは人間の体内に存在しているたんぱく質で、それを外側から追加してお肌の機能を活性化させるだけなので、安全性が高いというのが一番のメリットでしょう。薬品などを注入するわけではないため、副作用やアレルギーの心配もほとんどないと言えます。

長期的な効果が期待できる

線維芽細胞の活性化によってコラーゲンが生成されるようになるため、従来の再生医療よりも安定した長期的な効果を期待できます。その持続期間はおよそ3年と言われています。その理由は、お肌のハリと弾力を保つコラーゲンを増やす機能を高め、肌本来の機能を取り戻すことができるためです。

深いシワやクマにも効果がある

コラーゲンが欲しいところに直接FGFを注入するため、今まで手術をするしかなかった深いシワでも改善することができます。また、目元のたるみにも高い効果を発揮することから、頑固なクマを消したいという方にもおすすめです。

FGF治療のデメリット・リスク

効果が実感できるまで時間がかかる

効果を実感するまでに時間がかかるということです。ヒアルロン酸のようにお肌の弾力を作る成分を注入する訳ではなく、体の機能を活性化させてコラーゲンを作り出す必要があるので、線維芽細胞がコラーゲンを作りだすための時間がかかります。効果が実感できるまで平均2週間~1ヵ月はかかると言われています。

注入量を間違えると、盛り上がりやしこりができることも

FGFの注入量を間違えると、注入した部分が盛り上がり過ぎてしまうことがあります。また、増えすぎて余ったコラーゲンが固まってしこりができる可能性もあり、この様なリスクや失敗を避けるためには、やはりドクター選びやクリニック選びが重要です。

FGF治療のダウンタイム

FGF治療は非常に細い針を使ってFGFを注入するため、ダウンタイムはほとんどないと言われています。注入した箇所が多少腫れることはありますが、1~3日程度で消えることが多いでしょう。また、通常の注射と同様、体質によっては内出血が起こる場合があり、こちらもおよそ3日程度でなくなると言われます。

施術時間は10~20分程度で、麻酔を使用するので施術中の痛みはありません。施術後はそのまま帰宅することができ、メイクやシャワー、入浴は当日から可能です。

FGF治療が得意なクリニック

湘南美容外科クリニック
肌再生FGF注入療法:1か所49,800円、39,800円(銀座院限定価格)/2か所同時94,800円
目の下のクマ・たるみ治療が得意な美容クリニック比較ランキング
  1. セオリークリニック

    セオリークリニックのキャプチャー画像

    ノーダウンタイムを実現した最新の技術で治療できるクリニック。院長がカウンセリングからアフターケアまで担当。

  2. 銀座みゆき通り美容外科

    銀座みゆき通り美容外科のキャプチャー画像

    圧倒的な症例数を誇るクリニック。個々に合った最適な治療を提案してくれます。メディアへの露出も多いです。

  3. オザキクリニック

    品川美容外科のキャプチャー画像

    レーザーや注入治療を得意とするクリニック。複合治療のバリエーションも豊富です。カウンセリングが丁寧と評判。

  4. 二子玉川美容外科
    クリニック

  5. 聖心美容クリニック