目の下のクマたるみ治療 TOP > 目の下のクマたるみ 治療・手術徹底解剖! > 切る下まぶたのたるみ取り

目の下のクマ・たるみ治療・施術法 徹底解剖!
切る下まぶたのたるみ取り

施術の概要

クマの原因となっている目の下のたるみごと除去!

切る下まぶたのたるみ取りは「下眼瞼切開」と言い、目の下でたるみの原因となっている脂肪と皮膚を取り除く治療法です。下まつげの下を切開し、たるみを作り出す原因となる脂肪を取り出した後、余っている皮膚も切除します。クマの原因となっているのは目の下のたるみ。そのたるみを切り取ってしまうので、クマの治療法としては即効性がある方法だと言えるでしょう。

切る下まぶたのたるみ取りの治療内容とは?

皮膚と脂肪を除去することで黒クマを解消

下眼瞼切開は、目の下の余っている皮膚を切り取るため、目の下のたるみと黒クマに対して即効性が期待できます。また、目の周りの筋肉のたるみを解消することも可能。脂肪が多いことからたるみが発生している場合にも適しています。下眼瞼切開には2種類の治療法が存在するので、それぞれの治療内容について見てみましょう[1]。

皮弁法

皮弁法では下まつげの直下を切開して、皮膚のみを剥がしたのち、その下にある脂肪を除去します。皮膚のみを剥がすため、眼輪筋という目の周りの筋肉を剥がすことはありません。脂肪と余っている皮膚を取り除いたら、そのまま縫合して手術完了です[1]。

筋皮弁法

筋皮弁法では、皮弁法と同じように下まつげの直下を切開しますが、皮膚と眼輪筋の両方を剥がしてから脂肪を除去する方法です。その後、目の下の脂肪と余っている皮膚を取り除いて縫合します。脂肪を取り除くためには筋皮弁法の方が便利なので、こちらの方が一般的に多く用いられているようです[1]

それぞれで施術方法が違うため、信頼できるクリニックで相談し、自分に合った施術方法で治療をしていくことをお勧めします。

切る下まぶたのたるみ取りのメリット

半永久低な効果

切る下まぶたのたるみ取りは、目の下のクマ・たるみ取り治療の中で、最も確実に、最も広い部位を、半永久的にリフトアップできるという点が最大の魅力です。特に眼窩脂肪が多く、広い範囲で皮膚のたるみが気になる方には最も確実な手術と言えます。余分な脂肪や皮膚を取り除くため、スッキリした若々しい目元を生み出すことができます。また、物理的に皮膚を切除する治療のため、光治療などに比べて高い効果と、確実な変化・実感を得ることができます。

フェイスリフトの効果も

下眼瞼切開による施術は、たるんでいる皮膚を持ち上げて縫合する施術のため、クマやたるみの解消だけではなく、フェイスリフトとしての効果も期待することができます。

切る下まぶたのたるみ取りのデメリット・リスク

身体に多少の負担がかかる

切る下まぶたのたるみ取り手術はメスを使った切開術ですので、カラダへの負担は多少あります。施術後は腫れや赤み、内出血が起こる可能性があり、症状がおさまるまで数週間かかる場合もありますので注意が必要です。

費用が高め

切る下まぶたのたるみとりの平均的な費用は、30~60万前後が目安となります。目の下のクマ・たるみ治療の中では、施術費用が比較的お高めです。また、施術方法によって違う料金設定をしているクリニックもあるため、この施術を受ける場合は、事前に料金を調べて、納得してから受けるようにしましょう。

目の印象が変わる可能性がある

下眼瞼切開(切る下まぶたのたるみとり)は、表面から皮膚の切除や切開を行うため、技術不足な医師が行うと、以下のようなリスクがあります。

  • 余計な皮膚の切除によるリスク

    皮膚を切除しすぎた場合、下まぶたが必要以上に引っ張られてしまい、黒目の下の白目が見える「下三白眼」という状態になるリスクもあります。

  • 脂肪を取りすぎた場合

    切開と同時に、脂肪を除去する場合、脂肪を取りすぎると、その箇所がへこんでしまうことがあります。そのような状態になってしまうと、余計に老けた印象になってしまう可能性もあります。

このほかにも、皮膚の切除が少なすぎたり、外側の脂肪が残ってしまったりすると、たるみが残ってしまう可能性があります。結果、自分の思い描いた目の印象と違うものになるリスクが起こることも。それらを防ぐためにも、事前に下眼瞼切開(切る下まぶたのたるみとり)に関して口コミや評判を調べ、信頼のできる医師のもと、治療を行うようにしましょう

切る下まぶたのたるみ取りのダウンタイム

下眼瞼切開はメスを使う治療法ですが、ダウンタイムは短く、術後3日目から入浴や洗顔が可能です。手術の翌日から1週間のダウンタイムについては、次のようになります。

・翌日
手術後、最も腫れている状態です。「術後のご案内」を参考にして、指示通り専用のアイマスクで冷やしてください。稀ですが内出血の可能性もあります。テープに違和感があるかもしれませんが、腫れを長引かせないための適切な処置ですのでご安心下さい。

・3~4日後
シャワー、洗顔など可能です。「術後のご案内」参照。前日に比べ少しずつ腫れは落ち着いていきます。痛みは一切ありません。

・5~6日後
さらに腫れは落ち着き始めます。6-7割程度の方は80%程度の腫れは改善しています。必要に応じてテープを外します。

出典:ユニタ整形外科・形成外科クリニック『下眼瞼切開術』

・術後は腫れが伴いますが、外出できないほどの腫れではありません。術後3~4時間後に痛みを感じることがありますが、その後は特に痛みなどもなく、普段通りの生活をすることが可能。抜糸は術後1週間で行います[2]

切る下まぶたのたるみ取りが向いていない人

下眼瞼切開が向いていない人は、目元のたるみ部分の下に凹みが出来ている人です。目の下に凹みがある人は、下眼瞼切開で脂肪と皮膚を取り除いたとしても、凹みが残ってしまいます。下眼瞼切開では凹み部分に脂肪を足す治療を行わないため、目の下が平らになることはなく、黒クマの改善に繋がらない可能性があります。下眼瞼切開は、目の下に多く皮膚が余っている方、脂肪が溜まっている方などに向いている治療法です[3]

切る下まぶたのたるみ取りの費用について

下眼瞼切開の費用相場は、300,000円~500,000円となっています。総合的に見ると、380,000円~450,000円ほどで設定しているクリニックが多くなっており、皮弁法と筋皮弁法では料金に違いはありません。治療自体は基本的に1回の手術で終わるので、この他に必要となるのは、術後の通院のための費用や治療薬の料金などとなるでしょう。[4][5][6][7]

切る下まぶたのたるみ取りが得意なクリニック

湘南美容外科
眉下切開術 398,000円
品川美容外科
プレミアム目の下のタルミ取り:両目98,000円、
スーパーナチュラル目の下のタルミ取り:片目148,000円、
スーパーナチュラル目の下のタルミ取りロング:片目176,000円
オザキクリニック
切る下まぶたのたるみ取り:367,500円
聖心美容クリニック
皮弁法または筋皮弁法:315,000円
目の下のクマ・たるみ治療が得意な美容クリニック比較ランキング
  1. セオリークリニック

    セオリークリニックのキャプチャー画像

    ノーダウンタイムを実現した最新の技術で治療できるクリニック。院長がカウンセリングからアフターケアまで担当。

  2. 銀座みゆき通り美容外科

    銀座みゆき通り美容外科のキャプチャー画像

    圧倒的な症例数を誇るクリニック。個々に合った最適な治療を提案してくれます。メディアへの露出も多いです。

  3. オザキクリニック

    品川美容外科のキャプチャー画像

    レーザーや注入治療を得意とするクリニック。複合治療のバリエーションも豊富です。カウンセリングが丁寧と評判。

  4. 二子玉川美容外科
    クリニック

  5. 聖心美容クリニック