目の下のクマたるみ治療 TOP > 目の下のクマたるみ 治療・手術徹底解剖! > セルリバイブジータ

目の下のクマ・たるみ治療・施術法 徹底解剖!
セルリバイブジータ

内容・効果

再生医療の最先端技術でカラダの中から若返る!

セルリバイブジータとは、再生医療による最先端の若返り療法で、W-PRP療法、自己白血球含有多血小板血漿注入療法とも呼びます。私たちのカラダは、ケガをすると傷口をふさいで皮膚を再生させようとしますが、そうした皮膚の事故再生力を司るのが血小板です。血小板にはさまざまな成長因子が含まれていて、自分自身の血液を採取し、さまざまな成長因子を含んだ血小板を皮膚に注入することで老化した肌を活性化させるのが、再生医療で行われているPRP療法です。セルリバイブジータはPRP療法より血小板の濃縮率をさらに高め、濃縮した白血球と細胞成長因子を注入することで効果を大幅にアップさせました。
 目の下にセルリバイブジータを注入することで、他の治療法では実現できなかった深いシワやくぼみの解消を可能にします。自分の血液を使って治療を行うためカラダに負担が少なく、しかも目の下のセルリバイブジータの効果は3年以上と注入系治療法ではダントツの持続性が魅力です。

セルリバイブジータのメリット

目の下のセルリバイブジータの魅力は、安全性がきわめて高く、しかも効果が長持ちするという点です。自分自身の血液を利用するため拒否反応や副作用がなく、安心して治療を受けることができます。またヒアルロン酸やボトックスなどの注入系治療法の中では、3年以上というバツグンの持続性!施術後にかえって凸凹が目立ってしまう、といった心配もなく、ナチュラルな仕上がりが人気です。

セルリバイブジータのデメリット・リスク

ヒアルロン酸など通常の注入系治療は、施術時間が5~10分程度と短いのが特徴ですが、目の下のセルリバイブジータの場合は血液の採取から注入まで30分~1時間ほどかかります。また注入系では長持ちではありますが、効果は半永久的ではありません。効果を持続させるには、定期的に注入を繰り返す必要があります。

セルリバイブジータのダウンタイム

目の下にセルリバイブジータ注入を行った場合、注入後2~3日は痛みが、2週間ほどは腫れが続くこともあります。場合によっては内出血が起こる場合もありますので、施術後はしばらく様子を見て、目の下への刺激や激しい運動などは控えたほうがいいでしょう。

セルリバイブジータが得意なクリニック

聖心美容クリニック
プレミアムPRP皮膚再生療法(セルリバイブジータ) 220,000円
SOグレイスクリニック
PRP療法(高濃度血小板血漿療法):98,000円
目の下のクマ・たるみ治療が得意な美容クリニック比較ランキング
  1. セオリークリニック

    セオリークリニックのキャプチャー画像

    ノーダウンタイムを実現した最新の技術で治療できるクリニック。院長がカウンセリングからアフターケアまで担当。

  2. 銀座みゆき通り美容外科

    銀座みゆき通り美容外科のキャプチャー画像

    圧倒的な症例数を誇るクリニック。個々に合った最適な治療を提案してくれます。メディアへの露出も多いです。

  3. オザキクリニック

    品川美容外科のキャプチャー画像

    レーザーや注入治療を得意とするクリニック。複合治療のバリエーションも豊富です。カウンセリングが丁寧と評判。

  4. 二子玉川美容外科
    クリニック

  5. 聖心美容クリニック