目の下のクマたるみ治療 TOP > 目の下のクマたるみ 治療・手術徹底解剖!

目の下のクマ・たるみ治療・施術法 徹底解剖!のイメージ画像

目の下のクマ・たるみ治療・施術法
徹底解剖!

目の下のたるみ手術は日々進化を続けていて、最新の美容外科技術を駆使した新メニューが続々と登場しています。従来下まぶたの直下を切開する方法が一般的でしたが、最近では「切らない目の下のクマ・たるみ取り」が主流です。また、手軽に試せるプチ整形メニューもあり、施術内容や効果、料金もさまざま。目の下のクマやたるみの原因は人によって異なりますので、ドクターとよく相談しながら、予算や希望に合わせてベストの施術を選びましょう。

目の下のクマやたるみの原因

目の下のクマやたるみの原因はクマの種類によって異なります。原因は3種類ありますので、それぞれについて知っておきましょう。

  • 黒クマ

    黒いクマの原因は眼窩脂肪が突出してしまい、影ができてしまうことにあります。目の下をそっと押してみて、消えるようなら黒クマの可能性が高いです。年齢を重ねると目の下の脂肪が徐々にふくらんでしまいます。コンシーラーなどのメイクで隠すのは難しい種類のクマです。

  • 赤クマ

    目の下が赤く見える場合は赤クマ。肌を引っ張ると赤みが強くなるのが特徴です。赤クマができる原因は、目の周りの筋肉が透けて赤く見えることです。具体的には、血行不良や目の下のふくらみによって、目の周りの筋肉が押し出されることで起こります。パソコンやスマホの使い過ぎも原因のひとつ。目の周りの筋肉が硬くなることで、血流が悪くなって赤クマができやすくなるのです。

  • 茶クマ

    目の下にシミなどの色素沈着ができている状態です。目をこすったり、メイク落としの際に力を入れてこすったりすることで、色素沈着を起こしてしまいます。アトピー性皮膚炎の炎症や、日焼けが原因となることも多いです。

目の下のクマたるみは手術で治せる

クマやたるみの多くは皮膚のたるみと脂肪!

目の下のクマ・たるみの原因は、皮膚のたるみと脂肪によるものが多いです。黒クマと赤クマが混合しているなど、複合的に存在していることも多く、治療法は個人によって異なります。どのような治療法があるか、見ていきましょう。

クマの施術方法とは?

赤クマがある場合は、脱脂術+リポトランスファーがおすすめ。高周波レーザーメスを使用し、余分な眼窩脂肪を取り除く施術方法になります。原因となる目の下のふくらみを改善するため、効果もすぐに実感できます。ダウンタイムもないので安心して施術を受けることができるはずです。黒クマがあり、ふくらみもある場合も、脱脂術+リポトランスファーで、ふくらみを平坦に戻す方法が良いでしょう。

黒クマがあっても目の下にふくらみがない場合は、ヒアルロン酸注入や脂肪注入で、目の下に適度なふくらみを作る方法が適しています。赤クマも黒クマもないけれど目の下が暗いという場合は、ライムライト・スタックトーニングという施術がおすすめです。皮膚に沈着したメラニンの排出を促すとともに、新たなメラニンの発生を抑えることが可能となります。

このように、目の下のクマの原因や状態によって、治療方法が変わってきます。クマの原因を見極め、そのクマに適した施術をしてくれるクリニックを選びましょう。

目の下のたるみの施術方法とは?

また、目の下のたるみは症状の程度や、患者の希望によっていくつかの治療法を選んでいくことになります。 たとえば、たるみの症状が軽めの人には、レーザー治療やサーマクールなどの照射系治療で改善する方法があります。ヒアルロン酸やボトックス注射などの注入系治療でも、軽度のたるみであれば改善できるでしょう。または、糸でリフトアップしてたるみを解消することもできるなど、軽いたるみであれば様々な治療法の選択肢が用意されています。もちろん軽度のたるみでも、外科手術を用いて治療をすることも可能です。

それに対して症状の程度が重いたるみの場合には脱脂術がおすすめ。一般に脱脂術は、メスを使ってわずかに切開したうえで脂肪を除去しますが、最近では、メスを使わずに注射器だけで行なう脱脂術も登場しています。気になるクリニックがどのような脱脂術を行なっているのか、事前に確認してみると良いでしょう。

なお脱脂術を受けた場合、目の下に凹みが生じてしまう場合があります。この凹みもまた老けて見られる要素になってしまうので、「脱脂を行なった後、凹み部分に新たに脂肪を注入する」というやり方が最も理想的な治療方法になります。ご自身のたるみの症状、脂肪の状態などをよく診察してもらい、最適な治療法を提案してもらいましょう。

このように、目の下のクマ・たるみ治療は、原因や症状の種類、症状の程度、患者の希望などによって、様々な選択肢の中から最適な一つを選ぶことになります。最適な治療法を判断するには、担当する医師に豊富な実績と経験が必要。信頼できるクリニック選びをして、後悔のない治療を受けるようにしましょう。

その他のおすすめ治療方法

サーマクール

ひきあげ効果バツグン!切らないたるみ治療

高周波RF(ラジオ波)を照射することで深部の皮下組織に熱を与え、皮膚をひきしめる治療法。「切らないリフトアップ」として絶大な人気を獲得し、国内でも5万件以上の症例数を数える、目の下のたるみ治療の定番です。

詳しくはこちら

フェザーリフト

カスタマイズ自在!溶ける糸で肌を引き上げ

特殊な糸を皮下に挿入することで皮膚を引っぱり上げる、目の下のたるみ治療です。メスを使ってたるみ部分を引き上げる「フェイスリフト」と違い、皮膚を切らないため、カラダへの負担が少ないのが魅力です。

詳しくはこちら

ボトックス

筋肉をブロックしてシワやたるみを解消!

ボツリヌス毒素から抽出した精製成分を注入することで、筋肉の動きを抑制し気になる表情ジワや影クマを軽減。カラダへの負担が少ないプチ整形メニューとして人気ですが、皮膚をひきしめるので、目の下のたるみ治療としても人気です。

詳しくはこちら

マドンナリフト

デリケートな目元に効く!レーザー治療

別名「アイレーザーリフト」とも呼ばれ、レーザーを使って目元のリフトアップを行うレーザー治療法です。微細な炭酸ガスレーザーを照射することにより、目の下のたるみ治療を行います。比較的軽度のたるみにおすすめ。

詳しくはこちら

脂肪注入

自分の脂肪だから安全&定着率高し!

自分自身の脂肪を抽出して注入する、目の下のたるみ手術メニュー。「リッチフェイス」とも呼ばれます。アレルギー反応や副作用がない、安全性の高い施術で、注入系メニューの中でも特に生着率が高く長持ちです。

詳しくはこちら

切る下まぶたのたるみ取り

メスを入れて確実にリフトアップ

脂肪が多い人や、たるみが重度の人、半永久的に効果を持続させたい人は、切る目の下のたるみ手術がベスト。下まつ毛の生えぎわをメスで切開し、余分な脂肪を取り除いてたるんだ皮膚を切除し、確実にたるみを解消します。

詳しくはこちら

リードファイン リフト

気軽にできて効果大!の糸系リフトアップ

10本以上の糸を皮下に挿入して、たるんだ皮膚全体を持ち上げる施術法。コラーゲンやエラスチンが生まれ、ハリのある肌を生み出す目の下のたるみ治療です。ダウンタイムがなく、手軽に受けられると人気上昇中。

詳しくはこちら

ハムラ法

余分な脂肪を生かして目元をフラットに!

目の下の余分な脂肪をくぼんだ場所に移動させることで、目元をフラットにさせる手術です。一度の手術で絶大な効果を発揮する目の下のたるみ手術の進化系。そのぶん高度な技術が求められ、ドクター選びが重要となります。

詳しくはこちら

レディエッセ

ヒアルロン酸より長持ち!注射系の新定番

カルシウムハイドロキシアパタイトを主成分にした製剤を注入することで、深いシワやくぼみを消すことができます。ヒアルロン酸などの注入系メニューより効果は大きく、しかも長持ちするのが大きな魅力と言えます。

詳しくはこちら

セルリバイブジータ

再生医療の最先端技術で若返る!

自分の血液から血小板を抽出して注入することで肌自身がよみがえる力を促進する最新治療法。濃縮した白血球と細胞成長因子を注入することで、効果が大幅にアップ。再生医療から生まれた、目の下のたるみ治療の最先端です。

詳しくはこちら

裏ハムラ

一度の手術で効果絶大!切らないたるみ治療

下まぶたの裏側にある結膜に穴を開け、余分な脂肪をくぼんだ場所に移動させる「切らないハムラ法」です。傷あとが残らず、カラダへの負担も大幅に軽減。たるみが軽い人や、傷を残したくない人に人気のメニューです。

詳しくはこちら

ウルセラシステム

超音波で皮膚と筋肉にWアプローチ!

高密度の超音波を皮膚に照射することで、表皮はもちろん、皮膚の深部にある「表在性筋膜」にまで作用する照射系メニューです。たるんだ筋肉を土台から強力に引き上げ、1回の照射で絶大なひきしめ効果を発揮します。

詳しくはこちら

ライムライト

メラニン色素の排出を促し、茶クマを改善!

ライムライトは、比較的メラニン色素が多い日本人に向けられて作られた光治療。日本人に向けて作られているため、肌に負担が少なく効果を得ることができます。また、メラニン色素の排出を促すとともに、皮膚のターンオーバーを早めるよう働きかけるため、茶クマの治療に効果的と言われています。

詳しくはこちら

金の糸(ゴールデンリフト)

金の糸で美肌効果を実現

金の糸は(ゴールデンリフト)は、極細の金の糸を気になる部位に埋め込み、肌を若返らせる治療法です。埋め込むことで、人が本来持っている機能を活性化させ、肌の若返りを図ります。そのため、たるみやクマだけではなく、ニキビや乾燥肌、肌の老化といった症状の改善効果があると言われています。

詳しくはこちら

イオン導入

浸透しにくい美容成分をお肌の奥に!

イオン導入とは、微弱な電流を流すことで、お肌の奥まで有効成分を浸透させる美肌治療になります。目もとのたるみが原因となるクマの解消にはビタミンCが有効ですが、お肌のバリア機能によって、十分にお肌に届けられません。その点イオン導入だと、お肌の奥までしっかりと浸透させることができます。

詳しくはこちら

FGF治療

お肌本来の力を取り戻す治療

FGF治療治療は、FGFと呼ばれている「繊維芽細胞増殖因子」を気になるところに注入する治療法。もともと人体にある細胞で、コラーゲンやヒアルロン酸を作り出す線維芽細胞を増殖させる働きがあります。そのため、FGF治療を行うことで、コラーゲンの生成を促し、徐々にたるみが改善していきます。

詳しくはこちら

グロースファクター

細胞を活性化させてたるみを改善

グロースファクターとは細胞増殖因子のことを指し、人の体内で生成されるたんぱく質の一種でもあります。この治療は、グローズファクターを皮膚の深部に注入し、細胞を活性化させることで、お肌の再生を促進、目の下のクマ・たるみだけではなく、皮膚のたるみ全般に効果が期待できる治療になります。

詳しくはこちら

目の下のクマ・たるみ治療が得意な美容クリニック比較ランキング
  1. セオリークリニック

    セオリークリニックのキャプチャー画像

    ノーダウンタイムを実現した最新の技術で治療できるクリニック。院長がカウンセリングからアフターケアまで担当。

  2. 銀座みゆき通り美容外科

    銀座みゆき通り美容外科のキャプチャー画像

    圧倒的な症例数を誇るクリニック。個々に合った最適な治療を提案してくれます。メディアへの露出も多いです。

  3. オザキクリニック

    品川美容外科のキャプチャー画像

    レーザーや注入治療を得意とするクリニック。複合治療のバリエーションも豊富です。カウンセリングが丁寧と評判。

  4. 二子玉川美容外科
    クリニック

  5. 聖心美容クリニック