目の下のたるみに利く解消法ってあるの?

目の下のたるみは、老け込んだ印象を持たれる悩みのタネ

目の下のたるみは、老け込んだ印象を持たれる悩みのタネ 顔の筋肉の衰えが目の下のたるみにも影響しています。日常的にできる解消法としてエクササイズやマッサージをおすすめします。道具は何も必要ないので気軽に取り入れることができます。若々しい目元を作るためにチャレンジしてみてください。

おすすめクリニック
比較ランキングはこちら

目の下のたるみを解消するエクササイズ

目の下のたるみは、特定の原因だけではなく、複数の原因が複合的に重なって生じるのが一般的。ただ、どんな原因が重なっているにせよ、その原因のベースにあるものは目の周辺の筋肉の衰えです。特に目の下の眼輪筋という筋肉が衰えることによって、目の下にたるみができやすくなります。
ただし、目の周りの筋肉も、他の筋肉と同じように、鍛えることが可能です。エクササイズによって目の周りの筋肉を鍛え、たるみの解消へとつなげていきましょう。

たるみを解消するエクササイズをみる

目の下のたるみを解消するツボ

目の下のたるみやむくみを解消する方法として、目の周りにあるツボを押すのも効果的です。特に道具も必要なく、家でリラックスしているときなどに、簡単に行うことのできる解消法となります。ここでは、目の下のたるみに効果的なツボを紹介していきます。

たるみを解消するツボをみる

美顔器による目の下のたるみの改善

美顔器は自宅でも簡単にたるみ対策ができる、美容アイテム。たるみだけではなく、美肌効果やしわ取り効果も期待できるため、女性に人気のアイテムです。そんな美顔器の効果や選び方、注意点などを解説していきます。

たるみを解消する美顔器をみる

目の下のたるみをカバーするメイク術

目の下のたるみは、年齢を感じさせてしまう要因の一つ。どうにかして見せないようにしたいという方もいると思います。そんな目の下のたるみは、ちょっとしたポイントをおさえてメイクをすることで、若々しい目もとを作ることが可能です。ここでは、そんな目の下のたるみをカバーするメイク術を紹介します。

たるみカバーするメイク術を見る

目の下のたるみを作らないための予防法

目の下のたるみができると、どうしても気になってしまうものです。しかし、そんなたるみも日常生活でおこなっていることを少し変えるだけで、予防することができます。ここでは、 目の下のたるみを作らないための予防策について解説していきます。

目の下のたるみ予防法をみる

目の下のたるみをスッキリさせる手術とは?

加齢とともに目立ってくる目の下のたるみは、化粧品などのセルフケアではなかなか解消できません。筋肉の衰えを改善するトレーニングや美顔器などの方法もありますが、効果が出るまでには時間がかかるでしょう。セルフケアと比べてお金はかかるものの、確実に効果を得るためには手術がおすすめ。目の下のたるみ解消手術にはどんな種類があるのかご紹介します。

脱脂術

目の下のたるみ解消をする治療法のひとつに、脱脂術があります。これは、目の下の余分な眼窩脂肪を適度に取り除く方法です。高周波レーザーメスを用いて行うので、施術中の出血がなく、傷跡も残りません。ダウンタイムもなく、副作用もほとんどないので、安心して施術を受けることができるでしょう。手術にかかる時間が両目で30分程度と、短時間なのもうれしいポイント。施術後すぐに効果を実感できるのもメリットです。

ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸注入は皮膚の内部、皮膚の下にヒアルロン酸を注入する方法です。ヒアルロン酸を注入することで、皮膚が持ち上がり、たるみを解消することができます。ヒアルロン酸はもともと人間の体にあるものなので、アレルギーなどの副作用も心配ありません。自然で美しいラインを作り出すためには、使用する量の加減や、注入する際の技術力などが必要なため、実績があり信頼できるクリニックで行うようにしましょう。

脂肪注入

脂肪注入は、もともと体にある脂肪を、皮膚の内部に注入して肌を内側から持ち上げる方法です。体にある脂肪を使うので、肌に合わないなどアレルギーを引き起こす心配もなく、安全な方法といわれています。ヒアルロン酸より効果が長続きするのもメリットです。安全でより美しい仕上がりのためには、採取した脂肪を濃縮させる処理や、生着率を上げる処理など、高い技術力が必要となります。クリニック選びの際には、ドクターの実績をしっかり確認しましょう。

裏ハムラ法

裏ハムラ法は、皮膚の表面を切らずに目の下瞼の裏側を切開する方法です。たるみの原因となる脂肪を下のほうに移動させ、たるみを解消します。レーザーメスを使用するので、出血もなく、傷跡も残りません。施術時間は1時間程度と短く、術後の腫れは2~3日程度です。腫れがひくと効果が実感できます。皮膚がたるみシワができることがありますが、ほとんど気にならない程度でしょう。比較的たるみが少ない人におすすめの治療法です。

ハムラ法

ハムラ法は目の下、まつ毛のあたりを切開する方法です。余分な脂肪を移動させると同時に、たるんだ皮膚を取り除きます。脂肪がついている方や、目の下のたるみが気になる方におすすめです。メスを入れて切開をする方法なので、術後1週間したら抜糸をします。2ヵ月程度経てば、切開した場所も気にならなくなるでしょう。技術が未熟なドクターが行うと下瞼が下に引っ張られて「あっかんべー」をしたような状態になることもあるので、高い技術のあるクリニックで行うことが重要です。

以上が手術によるたるみ治療の一例になります。普段のケアでたるみが解消されない人は、医療の力で目の下のたるみを一度リセットし、改めて再発予防に向けた再スタートを切ってみてはいかがでしょうか。

目の下のクマ・たるみ治療が得意な美容クリニック比較ランキング
  1. セオリークリニック

    セオリークリニックのキャプチャー画像

    ノーダウンタイムを実現した最新の技術で治療できるクリニック。院長がカウンセリングからアフターケアまで担当。

  2. 銀座みゆき通り美容外科

    銀座みゆき通り美容外科のキャプチャー画像

    圧倒的な症例数を誇るクリニック。個々に合った最適な治療を提案してくれます。メディアへの露出も多いです。

  3. オザキクリニック

    品川美容外科のキャプチャー画像

    レーザーや注入治療を得意とするクリニック。複合治療のバリエーションも豊富です。カウンセリングが丁寧と評判。

  4. 二子玉川美容外科
    クリニック

  5. 聖心美容クリニック