目の下のクマたるみ治療 TOP > 目の下のたるみの基礎知識 > 目の下のクマ・たるみの原因となる眼窩脂肪とは?

眼窩脂肪の原因と解消法

眼窩脂肪をなくして若返りを図ろう!

目の下には眼窩脂肪(がんかしぼう)と呼ばれる脂肪組織があります。この脂肪組織が眼球に押されて前へと突出してくることが、目の下のたるみや黒クマなどの原因。眼窩脂肪を除去してクマ・たるみを解消すれば、著しい若返り効果も期待できるでしょう。ここでは、眼窩脂肪が前に出てくる原因、眼窩脂肪が招く様々な症状、眼窩脂肪を解消するためのエクササイズなどを詳しくご紹介します。

おすすめクリニック
比較ランキングはこちら

眼窩脂肪とは

加齢などを原因として眼窩脂肪が徐々に前に出てくると、それが「目の下のたるみ」となります。そして「目の下たるみ」は、光の影響で影が生じます。この影のことを「黒クマ」と言います。黒クマと同時に皮膚から筋肉が透けて見える状態のことが「赤クマ」です。つまり、眼窩脂肪は「たるみ」にも「黒クマ」にも「赤クマ」関連している、少々厄介な脂肪なのです。
眼窩脂肪が前に出てくる主な原因を3つ見てみましょう。

眼窩脂肪が前に出てくる理由1:眼球の位置が下がるから

眼球は靭帯によって本来の位置に治まっているのですが、加齢によってその靭帯が弱り始めると、重力の影響で徐々に眼球が下へと下がってきます。下がってきた眼球に押されるような形で、眼窩脂肪が前へと出てきます。

眼窩脂肪が前に出てくる理由2 :肌の弾力が低下するから

肌にハリがあれば、眼窩脂肪が前に出てくることを防ぐことができるでしょう。しかし加齢によって肌のコラーゲンやエラスチンが減少すると、肌からハリが失われていきます。結果、皮膚がたるんでしまい、目の下に眼窩脂肪がたまりやすい状態になります。

眼窩脂肪が前に出てくる理由3 :顔の筋力が低下するから

人の顔には多くの筋肉が存在します。目の周りにある眼輪筋もその一つです。これら顔の筋肉はそれぞれ連動して働いており、皮膚はこれら筋肉によって支えられている一面もあります。加齢によって顔の筋力が弱ると、皮膚を支える力が失われます。その結果、目の下の皮膚がたるんでしまい、そのたるみの中へ眼窩脂肪がたまってしまいます。

眼窩脂肪が原因で起きる症状

眼窩脂肪が前へ突出してしまうと、様々な症状として現れてきます。主な症状としては、「目の下のたるみ」「黒クマ」「赤クマ」「視界不良」「老けて見られる」などが挙げられます。 それぞれ詳しく見ていきましょう。

目の下のたるみ

眼球の重みで眼窩脂肪が前に出ようとしているとき、加齢などによって皮膚がたるんでいると、眼窩脂肪はそのまま目の下の「たるみ」として現れることになります。

黒クマ

自宅の蛍光灯であれ太陽であれ、基本的に光は人間の上から下へ向けて放たれます。そのため眼窩脂肪の突出によって「目の下のたるみ」が現れると、その下には影が生じてしまいます。それが「黒クマ」と呼ばれる症状です。

赤クマ

眼窩脂肪が「目の下のたるみ」となって現れると、目の下にある眼輪筋が前に押し出されることがあります。この眼輪筋が皮膚から透けて見える状態のことを「赤クマ」と言います。なお赤クマは、眼輪筋の血行不良によって生じることもあります。

視界不良

眼窩脂肪の突出があまりにも著しい人の中には、視界不良を訴える人もいます。視界不良は、眼球だけを下に向けたときに、眼窩脂肪の突出が視界を一部遮ることです。

老けて見られる

眼窩脂肪の突出による「目の下のたるみ」や「黒クマ」は、一般に年配者に多く見られる症状です。そのため、若い人に眼窩脂肪の突出が見られると、年配者とイメージが重なってしまい、実年齢よりも老けて見られることが多くなります。

眼窩脂肪の突出を抑えるためには?

眼窩脂肪を抑えるためのセルフケアは、様々なところで紹介されています。クリームを使う方法や美顔器を使う方法、エクササイズなどがその代表。ここでは顔のエクササイズを通じた眼窩脂肪の抑制法をご紹介します。

【眼窩脂肪を抑える顔のエクササイズ:その1】

  1. まっすぐ前を向く
  2. 舌の先を軽く出し、上下の歯で軽く噛む
  3. そのままの形で、下まぶただけで目を閉じるイメージで頬に力を入れる
  4. リズミカルに下まぶたを動かすイメージで筋肉を動かす

【眼窩脂肪を抑える顔のエクササイズ:その2】

  1. まっすぐ前を向く
  2. 舌の先を軽く出し、上下の歯で軽く噛む
  3. 右目でウインクする
  4. 左目でウインクする
  5. リズミカルに左右交互にウインクを繰り返す

以上2つのエクササイズを、顔の筋肉が疲れ切るまで繰り返します。目安としては、【その1】と【その2】を、それぞれ1分ずつ行なってみてください。1日1回で結構です。

このエクササイズを繰り返せば必ず眼窩脂肪がなくなる、というわけではありません。ただ、何もせずに放置することに比べると、少なくとも脂肪が前に出てくるスピードを遅らせることはできるでしょう。運が良ければ眼窩脂肪が徐々に後退するといった程度の気持ちで、気長にエクササイズに取り組んでみてください。

目の下のクマやたるみをすぐに治したい方は手術で!

目の下のクマやたるみにお悩みの人は、年齢を問わず非常に多くいます。エクササイズや美顔器、クリームなどで運良く改善できる人もいるかも知れませんが、少なくとも短期的に改善することはできないでしょう。場合によっては無駄な労力、無駄な出費に終わるかも知れません。

目の下のクマ・たるみを確実に、かつ早急に治したい人は、美容クリニックで手術を受けるほうが確実です。美容クリニックなら、「すぐに」「必ず」治ります。 相応の治療費はかかりますが、確実な効果を得たい人には美容クリニックでの治療をおすすめします。

目の下のクマ・たるみ治療が得意な美容クリニック比較ランキング
  1. セオリークリニック

    セオリークリニックのキャプチャー画像

    ノーダウンタイムを実現した最新の技術で治療できるクリニック。院長がカウンセリングからアフターケアまで担当。

  2. 銀座みゆき通り美容外科

    銀座みゆき通り美容外科のキャプチャー画像

    圧倒的な症例数を誇るクリニック。個々に合った最適な治療を提案してくれます。メディアへの露出も多いです。

  3. オザキクリニック

    品川美容外科のキャプチャー画像

    レーザーや注入治療を得意とするクリニック。複合治療のバリエーションも豊富です。カウンセリングが丁寧と評判。

  4. 二子玉川美容外科
    クリニック

  5. 聖心美容クリニック