目の下のクマたるみ治療 TOP > 目の下のクマたるみ 美容整形Q&A > たるみの程度によって施術法が違うの?

目の下のクマ・たるみ美容整形Q&AQ.たるみの程度によって施術法が違うの?

たるみは骨格や皮膚の状態によって異なるため、整形でたるみを解消する際には状態に応じて施術方法を変えて治療を行います。半永久的に整形でたるみを消したい人は脱脂術がポピュラー。軽めの症状の人や一時的にひきしめたい人にはプチ整形がおすすめです。

おすすめクリニック
比較ランキングはこちら

目の下の脂肪を切除する施術法

整形でたるみを半永久的に治したい人には、たるみの原因となる目の下の脂肪(眼窩脂肪)を取り除く「脱脂術」を行うのが一般的です。最もポピュラーなのは「経結膜脱脂術」と呼ばれる方法で、下まぶたの裏側に小さく穴を開け、余分な眼窩脂肪を取り除く手術法です。多くの美容外科クリニックが導入しており、皮膚にメスを入れない「切らないたるみ整形」として絶大な人気を獲得しています。ただ、脂肪を取り除いてしまうため施術した場所がへこんでしまい、かえってふけ顔になってしまう…というトラブルが起きることもあります。そのため、脱脂のあとのへこみ部分に脂肪注入を行う施術が一番確実な治療法となります。各クリニックで名称は異なるものの、この施術法がもっともポピュラーで口コミでも人気です。

ヒアルロン酸、レーザーなどを使用する施術法

本格的な施術まではしたくない、一時的な効果でいいので手軽に施術を受けたいという方には、プチ整形でたるみを改善する方法があります。最も人気が高いのがヒアルロン酸注入。肌の保湿効果を高め、ふっくらとした肌を作るヒアルロン酸はしわ取りの定番メニューですが、目の下に注入することで凸凹のできた目の下にハリを持たせ、ふっくらとした若々しい目元を印象づけることができます。同じくアンチエイジングのプチ整形で人気のボトックスも目の下のたるみ整形に利用できます。ボトックスを目の下の浅い皮膚部分に注入することで、皮膚をひきしめて気になるたるみを改善します。
 また、目の下のたるみ治療にはレーザーを利用したメニューも増えています。たとえば「ライムライト」は日本人の肌質に合わせて開発されたレーザー治療器で、レーザー光線を目の下に照射することによって、肌を内側から引き締め、くすみやたるみを改善して美白・美肌効果が期待できます。
 いずれも比較的手頃な料金でトライしやすいのが魅力ですが、効果が持続しないため、定期的に施術を繰り返す必要があります。

メスで目元のたるみを切開する施術法

目の下のたるみとはサヨナラしたい!という人は、「経結膜脱脂術」や「裏ハムラ」など、まぶたの裏側から施術を行う「切らない脱脂術」がカラダへの負担が少なく、傷口も見えないため人気ですが、症状によっては皮膚にメスを入れて脱脂や余分な皮膚の除去などを行うことでキレイな目元を作れる人もいます。いわゆる「切る脱脂術」と言われるもので、「下眼瞼切開」「下まぶたたるみ取り」などというメニュー名で表示されています。ハムラ法もその1つです。  下まぶたのまつ毛生え際ギリギリのところをメスで切開し、眼窩脂肪を取り除いたり、くぼんだところに移動させるなどの施術を行い、必要に応じてたるんだ皮膚を切り取って、引き締まった目元を作り出します。
 傷が見えてしまいますが、目立たない箇所を小さく切りますので心配はありません。腫れが強いのが難点ですが、そのかわり確実に目のたるみ整形ができ、余分な皮膚もなくせるので、引き締まった若々しい目元になります。

目の下のクマ・たるみ治療が得意な美容クリニック比較ランキング
  1. セオリークリニック

    セオリークリニックのキャプチャー画像

    ノーダウンタイムを実現した最新の技術で治療できるクリニック。院長がカウンセリングからアフターケアまで担当。

  2. 銀座みゆき通り美容外科

    銀座みゆき通り美容外科のキャプチャー画像

    圧倒的な症例数を誇るクリニック。個々に合った最適な治療を提案してくれます。メディアへの露出も多いです。

  3. オザキクリニック

    品川美容外科のキャプチャー画像

    レーザーや注入治療を得意とするクリニック。複合治療のバリエーションも豊富です。カウンセリングが丁寧と評判。

  4. 二子玉川美容外科
    クリニック

  5. 聖心美容クリニック