目の下のクマ・たるみ美容整形Q&AQ.クマには種類があるの?

クマには「黒クマ」「赤クマ」「茶クマ」と大きく3種類があり、それぞれに原因とクマの治療法は異なります。それぞれのクマを治すには、まず自分のタイプを把握し、適切なクマ治療を受けることが重要です。

おすすめクリニック
比較ランキングはこちら

黒クマ(影クマ)を治療したい

黒クマは目の下の皮膚がたるんだり、眼窩脂肪と呼ばれる目の下の脂肪が下がってふくらんだりすることから起こります。このたるみやふくらみによって目の下に影ができ、表情を暗くし、老けて疲れた印象を与えます。多くは加齢によって起こりますが、人によっては眼窩脂肪がもともと多く、骨格の関係で若くして黒クマが起きる場合もあります。
黒クマは目の下の凸凹が原因ですから、影を作り出す原因となっている眼窩脂肪を取り除くか、たるんだ皮膚を切除する方法が定番。凸凹のないフラットな目元にするために、さらに脂肪を注入したり、ヒアルロン酸を注入したりするなどして、ふっくらした目元を作り出す施術を組み合わせるクマ治療法も人気です。できてしまったたるみやふくらみを平らにし、肌の内側からふっくらと若々しい目元づくりがクマ治療の要となります。

赤クマを治療したい

赤クマは主に目の下の血行不良や、目の下の皮膚がたるむことで目のまわりにある眼輪筋という筋肉が透けて見える状態を指します。目の下がほのかに赤くなり、ふくらんで見えるのが特徴で、睡眠不足や疲れからくるクマはこのタイプが多いのが特徴です。
赤クマを治すには、軽度の場合は疲れを取り、血行をよくするといいでしょう。ただし目の下の皮膚がたるんだせいで眼窩脂肪がふくらんでくると、赤クマから黒クマに進行することが多いので注意が必要です。赤クマを治療するには、脱脂術でふくらんだ眼窩脂肪を取り除き、さらに目の下のたるみを改善するための脂肪注入やヒアルロン酸注入などを行うことで、目元の凸凹をなくしてフラットな状態にしておくことが大切です。

茶クマを治療したい

目のまわりにうっすら広がるイヤ~な茶クマは、日焼けなどでしみやそばかすの原因となるメラニン色素が沈着したせいで、目元が黒ずんで暗い印象を与えます。皮膚をひっぱると、クマも一緒に動くのが特徴です。
茶クマは日焼けだけでなく、皮膚が弱い人や高齢の人、アイメイクを十分に落としていないなどのさまざまな要因で起こりますが、いずれにしてもメラニン色素が悪影響を与えているため、茶クマを治すにはメラニン色素の沈着をいかに阻止するかどうかにかかっています。そのため茶クマ治療はレーザー治療などの美容機器を使ったメニューが主流。目の下にレーザーや高周波を照射することで、沈着したメラニンを体外に排出し、新しいメラニンの生成を阻止することで、目のまわりのしつこい茶クマを改善します。ピーリングなど、美白効果のあるメニューも有効です。

目の下のクマ・たるみ治療が得意な美容クリニック比較ランキング
  1. セオリークリニック

    セオリークリニックのキャプチャー画像

    ノーダウンタイムを実現した最新の技術で治療できるクリニック。院長がカウンセリングからアフターケアまで担当。

  2. 銀座みゆき通り美容外科

    銀座みゆき通り美容外科のキャプチャー画像

    圧倒的な症例数を誇るクリニック。個々に合った最適な治療を提案してくれます。メディアへの露出も多いです。

  3. オザキクリニック

    品川美容外科のキャプチャー画像

    レーザーや注入治療を得意とするクリニック。複合治療のバリエーションも豊富です。カウンセリングが丁寧と評判。

  4. 二子玉川美容外科
    クリニック

  5. 聖心美容クリニック