目の下のクマ・たるみ美容整形Q&AQ.治療後の経過(腫れなど)は?

施術を受けたことで起きる腫れや内出血、痛みなどの症状のことを「ダウンタイム」と言います。施術方法や場所によって整形の経過は異なるので、どれくらいダウンタイムがあるかは、施術後の生活に影響を与えるので必ず確認が必要です。

おすすめクリニック
比較ランキングはこちら

目の下の脂肪を切除する施術法の場合

目の下のたるみやクマ治療で最もポピュラーなのが、目の下の眼窩脂肪を取り除く、または移動させることで目のまわりの凸凹をスッキリさせる「脱脂術」です。皮膚を切らずに行う「切らない施術」には、下まぶたの裏側に穴を開けて脂肪を取り除く切らない脱脂術「経結膜脱脂」などがあります。皮膚を切らないためカラダへの負担が少なく、整形の経過は比較的短めのダウンタイムなのが特徴。一般的には、術後は1週間~2週間ほど腫れが出ると言われていますが、切らない脱脂術は整形の経過が良好で、標準より短めのダウンタイムになる人が多いようです。

ヒアルロン酸、レーザーなどを使用する施術法の場合

効果が一時的ではあるもののカラダに負担が少ないプチ整形メニューは、ダウンタイムがほとんどないのが大きなメリットと言えます。
ヒアルロン酸注入やボトックス注入などは基本的にダウンタイムがなく、施術後にすぐメイクができるというのが人気の理由でもあります。皮膚が薄い人やドクターの技術力が高くなかった場合は、まれに内出血を起こして目の回りが黄色くなったりすることありますが、それでも2~3日で回復する人がほとんど。整形の経過は時間をかけなくてもすぐに効果を実感することができます。
 また、レーザー光線を照射することでメラニン色素の沈着を阻止し、肌を内側からふっくらみずみずしくするレーザー治療も、ほぼノーダウンタイムと呼んでいいほど整形の経過を気にしなくていい治療法です。ただし人によっては、照射した場所に赤みが出ることも。整形の経過は慎重に。

メスで目元のたるみを切開する施術法の場合

目の下のクマ・たるみ治療のメニューで、最も整形後の経過を慎重に見る必要があるのが、皮膚にメスを入れて脂肪を取り出したり、余分な皮膚を切除したりする「切る施術」です。皮膚を切開する外科手術のため、どうしてもカラダに負担がかかることになり、ダウンタイムも最も長くなります。
 切る施術では、下まぶたのまつ毛生え際ギリギリの目立たない場所をメスで切開します。切開口から余分な眼窩脂肪を切除する方法は「下眼瞼切開(下まぶたのたるみ取り)」と言いますが、手術から抜糸までの1週間~2週間は特に強い腫れが出て、人によっては内出血で目の下が赤黒くなったり黄色くなったりすることもあります。
 また、切開口から脂肪を取り出さず、くぼんだ部分に脂肪を移動させる「ハムラ法」の場合は、下眼瞼切開よりは整形の経過は軽めの人が多いようですが、それでも腫れがひくまでに1週間以上はかかります。下眼瞼切開もハムラ法も、肌の赤みやむくみが消えて、きれいな肌になるまでには2~3ヶ月かかるのが一般的でしょう。

目の下のクマ・たるみ治療が得意な美容クリニック比較ランキング
  1. セオリークリニック

    セオリークリニックのキャプチャー画像

    ノーダウンタイムを実現した最新の技術で治療できるクリニック。院長がカウンセリングからアフターケアまで担当。

  2. 銀座みゆき通り美容外科

    銀座みゆき通り美容外科のキャプチャー画像

    圧倒的な症例数を誇るクリニック。個々に合った最適な治療を提案してくれます。メディアへの露出も多いです。

  3. オザキクリニック

    品川美容外科のキャプチャー画像

    レーザーや注入治療を得意とするクリニック。複合治療のバリエーションも豊富です。カウンセリングが丁寧と評判。

  4. 二子玉川美容外科
    クリニック

  5. 聖心美容クリニック