黒クマ

黒クマとは?

目の下のふくらみを指で下に伸ばした時や上を向いた時にクマが薄くなる場合は、黒クマの可能性があります。
黒クマは皮膚の色が変わる他のクマと違い、皮膚の色が変わっているのではなく目の下に影ができることでクマのように見えるのが特徴です。
黒クマの多くは、加齢により目の周りの皮膚が薄くなったりたるんできたりすることで、くぼみができてしまうのが原因。加齢以外にも、生まれつき目の下の脂肪が少ない人やもともと涙袋が大きい人、はっきりとした顔立ちの人に起こりやすい症状です。近年ではスマートフォンやパソコンを長時間見ることで目の周りの筋肉が低下して黒クマができてしまう人も増え、年齢に関係なく悩む人が増えています。

黒クマの種類

黒クマは、何らかの原因によって目の下に影ができる症状のこと。影の影響で目の下が黒ずんで見える状態を指して黒クマと言います。 では、なぜ目の下に影ができるのでしょうか? その理由は、大きく2つあります。1つめが、目の下の脂肪の膨らみ。2つ目が、目の下の皮膚のくぼみ。それぞれの特徴や見分け方詳しく見ていきましょう。

目の下の脂肪の膨らみが原因でできる黒クマ

目の下にできる涙袋が目立つ人もいると思いますが、その涙袋ができる部分よりさらに下に、目袋という厄介な袋が出てくることがあります。これは、たるみや筋肉の衰えで脂肪が前にせり出してできてしまいます。 目袋の突出やたるみが大きくなってくると、光の当たり具合によっては、うっすらと影ができることがあります。これが、脂肪の膨らみが原因でできる黒クマです。 このタイプの黒クマを見分けるポイントは、目袋があるかどうかです。もともと涙袋が目立っている人は、目袋と合わせて袋が二重のような状態になっているため、見分けることは簡単でしょう。逆に涙袋が目立たない人の場合は、本来あるべき涙袋の位置より下に袋があるかどうか確認してみてください。もしあれば、このタイプの黒クマの可能性があります。

目の下のくぼみが原因でできる黒クマ

加齢などによって目の下の皮膚がたるんでくると、目の下にくぼみができることがあります。このくぼみも、光の当たり具合によっては目の下に影を作ってしまう原因となります。このタイプの影も、黒クマです。 見分け方は簡単です。手鏡を持って、天井のライトに顔を向けてみてください。ライトが顔にあたったときに影が薄くなるようならば、このタイプの黒クマの可能性があります。

黒クマができる原因

黒クマの正体は、目の下の脂肪、またはくぼみによってできる影であることを説明しました。では、これら脂肪やくぼみは、何が原因でできてしまうのでしょう?その原因には様々ありますが、主なものは「加齢による皮膚の衰え」と「目の下の脂肪不足」の2つ。それぞれ順次見ていきましょう。

加齢による皮膚の衰え

年齢が重なると、体中の皮膚が衰えてきます。目の下も例外ではありません。加齢によって目の下の皮膚が衰えると、やがて皮膚がたるんだような状態になります。結果、もともと目の下にあった脂肪(眼窩脂肪)が重力に負けて、皮膚のたるみと一緒に外側へと流れ出してしまいます。その膨らみが影を作り、黒クマができてしまいます。

目の下の脂肪不足

生まれつき目の下に眼窩脂肪の少ない人がいます。眼窩脂肪が少ないと、皮膚が衰えても脂肪の影による黒クマは登場しませんが、くぼみの影による黒クマが登場することがあります。

他にも、目の下の筋肉の衰えによって眼窩脂肪が外側へ流れ出すこともあります。表情を変える機会の少ない人や、一日中パソコンに向かって仕事をしている人などは、まばたきする回数が減ってしまい、若くても目の下の筋肉が衰えがちになります。普段から表情を作ったり、まばたきを意識したりすることで、黒クマ予防を心がけたほうが良いでしょう。

自分でできる黒クマを治す方法

すでに黒クマができてしまっている人は、まず自分の黒クマの原因が皮膚の衰えなのか脂肪不足なのかを特定するところから始めましょう。 皮膚の衰えが原因であれば、目の周りの筋肉(眼輪筋)を鍛えれば徐々に解消されます。脂肪不足が原因であれば、コスメを上手に利用して隠すことで解消されます。 以下、それぞれ原因別に黒クマを自分で治す方法を見ていきましょう。

皮膚の衰えが原因の黒クマを治す方法

目を360°ぐるりと囲むように、眼輪筋という筋肉が張っています。この筋肉を鍛えることで、徐々に目の下の皮膚のたるみが解消され、そこに流れ出た眼窩脂肪も一緒に奥へ引っ込んでいきます。以下のステップで眼輪筋を鍛えていきましょう。

  1. 目を軽く閉じる
  2. そのまま目に力を入れるようにギュッと閉じて5秒間キープする
  3. ゆっくりと目の力を抜く
  4. 少しずつ目を開けていき、眉も含めて思いっきり目を開く
  5. そのまま5秒間キープした後、ゆっくりと自然な状態に戻す

以上の5つのステップを習慣にすれば、時間はかかりますが、徐々に目の下の皮膚が引き締まり、眼窩脂肪が後ろへ引っ込み、黒クマが解消されるでしょう。あわせてコラーゲンやFGFを配合したコスメを利用すれば、より効果的です。

脂肪不足が原因の黒クマを治す方法

生まれつき眼窩脂肪が少ないタイプの人は、後天的に眼窩脂肪を増やすことが困難なので、コスメなどを利用して人工的に黒クマを隠します。ただし、単にコンシーラーや視線誘導メイクで隠すだけではなく、目の下にボリュームを与える土台作りは行なっておいたほうが良いでしょう。 土台作りで有効な方法が、ヒアルロン酸やコラーゲン線維の生成を促すこと。そのためには、FGF(線維芽細胞増殖因子)を含んだコスメやサプリメントを利用するのが効果的です。メイクと並行して実践していきましょう。

黒クマを予防する方法

黒クマがまだできていない人も、また、黒クマを解消した人も、黒クマが登場しないよう、日頃から予防を心がけるようにしたいものです。皮膚の衰え、脂肪不足が原因の黒クマに共通する黒クマの予防法をご紹介します。

眼輪筋を鍛える

黒クマを治す方法としても紹介しましたが、普段から眼輪筋を鍛えることは、黒クマの予防法にもなります。決して大変なエクササイズではないので、ぜひ習慣化するようにしましょう。

紫外線対策をする

紫外線は皮膚の老化を促す大きな要因の一つ。皮膚が老化すると、たるみやくぼみも悪化するため、黒クマができやすくなります。 外出する際には日焼け止めやサングラス、帽子などを利用し、特に顔の日焼けをしないよう対策を行ないましょう。

顔がむくまないようにする

すでに黒クマがある人の場合、顔がむくんでしまうと黒クマが余計に目立つようになります。また黒クマ予備軍の人は、顔がむくんでいる時だけ黒クマが登場することがあります。 むくみの主な原因は塩分。体内の塩分濃度は決まっているため、塩分を余計に摂りすぎると、体内の塩分濃度を薄めるために多くの水分が蓄えられます。この水分がむくみの原因です。塩分は、不足しても問題ですが摂りすぎても問題。要注意です。

栄養バランスの良い食事を心がける

皮膚の新陳代謝には、タンパク質やビタミン、ミネラルなど様々な栄養素が必要です。栄養バランスが崩れると、皮膚の老化スピードを招き、たるみから黒クマへと発展する恐れがあります。スキンケアだけで皮膚の老化を止めることはできません。体内からのスキンケアという意味でも、栄養バランスの良い食事を心がけるようにしましょう。

黒クマを本気で治したいなら

紹介したセルフケアだけで黒クマを解消できれば、それはとても喜ばしいこと。しかし、セルフケアをしてもすぐに効果が出なかったり、完全に解消することができなかったりすることは多々あります。そのため、すぐ黒クマを治したい!自分では解消できなかった!という人は、美容クリニックでの治療をおすすめします。 美容クリニックでは、黒クマ解消のために様々な施術を用意しています。たとえば次のようなもの。

眼窩脂肪を取り除く施術

黒クマの原因となっている眼窩脂肪を、施術によって取り除いて黒クマを解消します。美容クリニックにあるメニューの中では、とても簡単な部類の施術です。

ヒアルロン酸を注入する施術

黒クマの原因となっているくぼみの部分に、注射でヒアルロン酸を注入してボリュームを出し、黒クマを解消します。数分で終わるため、気軽に受けることができます。

セルフケアでは黒クマが解消されなかった方、または、すぐにでも黒クマを解消したい方は、一度、専門家である美容クリニックに相談に行ってみてはいかがでしょうか?「今までの悩みはなんだったんだ」と思うほど、とても簡単に黒クマが解消しますよ。

目の下のクマ・たるみ治療が得意な美容クリニック比較ランキング
  1. セオリークリニック

    セオリークリニックのキャプチャー画像

    ノーダウンタイムを実現した最新の技術で治療できるクリニック。院長がカウンセリングからアフターケアまで担当。

  2. 銀座みゆき通り美容外科

    銀座みゆき通り美容外科のキャプチャー画像

    圧倒的な症例数を誇るクリニック。個々に合った最適な治療を提案してくれます。メディアへの露出も多いです。

  3. オザキクリニック

    品川美容外科のキャプチャー画像

    レーザーや注入治療を得意とするクリニック。複合治療のバリエーションも豊富です。カウンセリングが丁寧と評判。

  4. 二子玉川美容外科
    クリニック

  5. 聖心美容クリニック