茶クマの原因と解消法とは?

茶クマとは?

目の下にできるクマの種類は黒クマや青クマなど主に4つあり、茶クマはその名の通り、目の下にできる、茶色のクマのことを指します。ほかのクマとの見分け方として、眼尻を引っ張っても色が変わらない、鏡を見る角度を変えても薄くならない場合、茶クマである可能性が高いです。 茶クマができる原因は、主に色素沈着に。皮膚に直接色が定着してしまっているため、皮膚を引っ張っても一緒に移動してしまいます。茶クマは普段のメイク落としや洗顔の仕方、紫外線への対策により、防ぐことが可能です。しかし、間違った方法を洗顔やメイク落としをおこなっていると、かえって色素沈着を起こしてしまうこともあります。
また、色素沈着のレベルは皮膚表面に色がついているものと、皮膚の奥深くに沈着しているものの2パターンあり、発生する原因はそれぞれです。自分の茶クマの原因を明らかにして、適切な解消をしていきましょう。

茶クマができる原因とは?

茶クマは、刺激や紫外線による色素沈着が主な原因です。また、色素沈着の中でも皮膚表面に起こっている場合と皮膚の奥深く真皮に起こっている場合でも原因が異なるので、より細かく見ていきましょう。

色素沈着による茶クマができてしまう原因

色素沈着は、主に外部からの刺激や紫外線といった要因により、皮膚にダメージを受けた結果、シミの原因となるメラニン色素が生成されてしまうことです。目の下の皮膚は、他の部位の皮膚と比べても薄くデリケート。そのため、ちょっとした刺激や紫外線でダメージを受けやすく、色素沈着が起こりやすい部位になります。色素沈着ができてしまう原因は主に4つあります。

紫外線

肌は、紫外線を受けると、皮膚の内部までダメージがいかないように、メラニンを作る働きをします。特に目下の皮膚は他に比べて薄く、メラニンを作る活動が盛んなため、他の部位よりも紫外線による色素沈着が起こりやすいです。

乾燥

肌はもともと皮脂や天然保湿因子によるバリア機能を持っています。しかし、ターンオーバーの乱れや加齢により、皮脂や天然保湿因子などが減少すると、肌が乾燥しやすくなります。また、洗顔やクレンジングを間違ったやり方をすることでも、乾燥の原因に繋がります。 肌が乾燥すると、紫外線によるダメージを受けやすくなるだけではなく、乾燥による肌のかゆみも起こりやすくなります。結果、かゆみを止めるために、目もとをこすってしまい、色素沈着に繋がってしまいます。

アイメイクの落と方

アイメイクを落とすとき、きちんと専用のリムーバーで落としていますか?もし、通常のクレンジングでアイメイクを落としていたら要注意!アイメイク用のアイテムは、その商品によって素材もいろいろです。そのため、そのアイテムに合っていないクレンジングやリムーバーで落とそうとすると、肌に余計な負担がかかってしまい、色素沈着の原因となります。

目のこすりすぎ

普段の生活で、目をこすりすぎる癖はありませんか?また、洗顔時にごしごしとこするように洗ったりしていませんか?これらの行動は、目の下の皮膚に刺激を与え、肌ストレスとなり色素沈着の原因となります。

肌のターンオーバーも色素沈着による茶クマに関係が

上記で色素沈着になってしまう原因について紹介しましたが、本来肌は一定周期で新しい細胞が古い細胞を押し上げ、角質となって剥がれ落ちていきます。このことをターンオーバーといいます。これにより色素沈着も自然と解消するはずなのですが、なぜ色素沈着がなくならず、クマが消えないのでしょうか?答えは、ターンオーバーが乱れてしまうことにあります。

ターンオーバーは些細なことで乱れてしまいますが、一番の原因といえるのは、「生活習慣の乱れ」になります。以下は、その一例です

  • 睡眠不足
  • 偏った食生活
  • タバコ
  • アルコールの過剰摂取
  • ストレス

このほかにも、紫外線のあたりすぎや、加齢によっても、お肌のターンオーバーは乱れてきます。このように、色素沈着は肌への刺激だけではなく、ターンオーバーの乱れによって、色素沈着や茶クマが治らないこともあると認識しましょう。

皮膚の奥深くで色素沈着が起こっている場合

皮膚の奥深くにできている色素沈着は、アザの可能性が高いです。生まれつき色素をつくる細胞が目の下に集中しているのが原因で、ホルモンバランスの乱れや肌の老化による細胞の変化によって活動が活発化したのだと考えられます。

このように茶クマの原因となる色素沈着は、普段の生活の中で何気なく行っている行動によってできてしまうことが多々あります。普段から、目をこすりすぎない、紫外線・乾燥対策をしっかりとおこっていくことが大切です。

自分で改善!茶クマを解消する方法

茶クマの主な原因となっているシミや色素沈着は、普段の生活の中で起こりうることです。そのため、普段の洗顔やお肌のお手入れなどを見直し、茶クマを解消していきましょう。

正しい洗顔を心がける。

洗顔時にごしごしとこするやり方をしている方は、まずその方法をやめることから始めましょう。こすりすぎる洗い方は、肌に刺激が強すぎるため、結果色素沈着に繋がってしまいます。また、洗浄力の強い洗顔料を使うのは皮膚の負担になります。昨今では、楽に泡立てられる石鹸や洗顔料が多く発売していますが、そういった商品は洗浄力が強く、肌に過剰な負担をかけてしまう可能性も。そのため、泡立ちが悪くても、肌に負担が少なく、汚れがしっかり落ちる洗顔料を選ぶよう心がけましょう。

アイメイクを正しく落とす

原因で紹介した通り、アイメイクを専用のリムーバーで落とさず、クレンジングで落とすのは色素沈着に繋がってしまいます。そのため、自分が使っているアイメイクに合ったリムーバーで落とすようにしましょう。 また、正しいアイメイクの落とし方があるため、ここではその方法を紹介します。

  1. リムーバーをしっかりコットンにしみこませる。

    リムーバーは量が少ないと摩擦が起きてしまうため、たっぷりとしみこませてください。

  2. まぶたの上にコットンを10秒置く
  3. コットンでまつげを挟み、優しくふき取る。

    ここまでの洗顔を片目に1枚コットンを使って行います。

  4. リムーバーを綿棒にしみこませる。
  5. 2つ折りにしたコットンを目の下に置く。
  6. 綿棒+コットンを使いマスカラを落とす。

    綿棒とコットンを使い、まつげのマスカラを落としていきます。綿棒が汚くなったら、新しいものに変え、メイクが落ちるまで繰り返しましょう。

洗顔後の肌はデリケートなため、しっかりと化粧水や乳液で保湿することを心がけましょう。

美白化粧品で色素沈着を薄める

色素沈着を解消するために美白化粧品を使うのも効果的。ビタミンC誘導体やプラセンタなどが配合された化粧品は、とくに美白効果が高めです。ただ、美白化粧品は刺激が強く乾燥の原因になりやすいので、普段以上に保湿を重視していきましょう。日焼け止めをこまめに塗り、日頃から紫外線対策をすることも大切です。

生活習慣の改善。

お肌のターンオーバーの乱れの主な原因は、生活習慣の乱れです。そのため生活習慣の改善を心がけましょう。睡眠不足は働いている人になりがちですが、できるだけ早寝早起きを心がけ、生活をしましょう。特に夜の10時から2時は「肌のゴールデンタイム」と呼ばれているため、その間に熟眠できるようにしましょう。

また、毎日コンビニ弁当や外食で済ましている人は、バランスのいい食事をとるように心がけましょう。皮膚を健康的に再生するために必要な栄養素は以下の通りです。

  • タンパク質
  • ビタミンA・B群・C・E
  • 亜鉛

これらの栄養素が入っている食品をバランスよくとるよう気を付けましょう。そのほかにも、たばこやお酒を取りすぎる人は控えるようにし、お肌の健康を保つよう心がけましょう

以上が解消法となります。上記で紹介したものは、普段の生活の中で行うもののため、すぐに効果が出るわけではありません。もし、すぐにでも茶クマを解消したい場合は、美容クリニックで治療することも検討してみてはいかがでしょうか?

そもそも茶クマを作らないための予防策は?

茶クマの主な原因は色素沈着です。そのため、色素沈着の要因となる目の周りの皮膚に刺激を与える行為は控えるようにしましょう。また、解消法で解説した洗顔の仕方や、メイクの落とし方は、茶クマを作らないための予防策にもなるため、普段から心がけておこないましょう。 また、以下の点にも気を付けることで、さらに茶クマを作らないための予防策になります。

紫外線対策

紫外線は、皮膚の薄い目の下のクマには大敵です。そのため、UVカット効果のあるコスメを使うなどして、UVカットを確実に行っていきましょう。

まばたきを意識的にする

普段からスマホやパソコンを使って、目がショボショボすることはありませんか?そんな時につい目をこすっていませんか? スマホやパソコンを使っていると、無意識にまばたきが減ります。その結果ドライアイになってしまい、目がショボショボしたときにこすってしまうという悪循環が生まれます。そのため、意識的にまばたきをすることで、ドライアイにならないよう対策していきましょう。

茶クマを本気で治したいなら…

茶クマを解消するには皮膚についた色素を取り除く必要があるため、血行不良が原因で起きるクマに比べ、長期的なスキンケアが必要です。肌のターンオーバーはだいたい28日周期。30代40代になると45日程度ともいわれています。それだけの期間をかけてゆっくりと古い細胞が取り除かれ、徐々に色素沈着が薄まっていきます。しかし、その間に新たな刺激が加わると新たな色素沈着を生み、なかなか良くなりません。茶クマをきちんと治したいなら、クリニックなどの医療機関での治療をおすすめします。美容クリニックでは以下のような施術があります。

レーザー治療

レーザーによるクマ治療では、メラニンが過剰に生成されるのを防ぎ、茶クマを改善するものや、茶クマの原因となるメラニン色素だけを破壊する治療などがあります。

ライムライト

ライムライトは、メラニン多いと言われる日本人の肌向けの光治療器。茶クマ治療では、皮膚表皮から真皮にかけて、メラニンの色素の排出を即しながら、肌のターンオーバーが早くなるよう働きかけます。

セルフケアをしても茶クマが解消されなかった方や、すぐにでも茶クマを解消したいと考えている方は、無料カウンセリングを行っているクリニックもあるため、一度専門の美容クリニックに相談してみてはいかがでしょうか?きっとあなたに合った治療方法が見つかるはずです。

目の下のクマ・たるみ治療が得意な美容クリニック比較ランキング
  1. セオリークリニック

    セオリークリニックのキャプチャー画像

    ノーダウンタイムを実現した最新の技術で治療できるクリニック。院長がカウンセリングからアフターケアまで担当。

  2. 銀座みゆき通り美容外科

    銀座みゆき通り美容外科のキャプチャー画像

    圧倒的な症例数を誇るクリニック。個々に合った最適な治療を提案してくれます。メディアへの露出も多いです。

  3. オザキクリニック

    品川美容外科のキャプチャー画像

    レーザーや注入治療を得意とするクリニック。複合治療のバリエーションも豊富です。カウンセリングが丁寧と評判。

  4. 二子玉川美容外科
    クリニック

  5. 聖心美容クリニック