青クマ

青クマとは?

目の周りには多くの毛細血管があり、そこに血液が流れて目に栄養や酸素を送ります。目の下の皮膚は顔の中でも薄いので、その部分の血液が何らかの原因でうっ血した状態になると、目の周りの皮膚から透けて見える毛細血管が青っぽく見えます。これが青クマの正体です。青クマはパソコンの画面を酷使するオフィスワーカーや、生理により貧血や血行不良になりやすい女性にあらわれやすいと言われています。目の下の皮膚を下に引っ張ってあっかんべーのようにしてみてください。その時クマが少し薄くなったように見えるなら「青クマ」の可能性があります。自分のクマの種類が分からない方は、鏡の前でチェックしてみましょう。

青クマができる原因

仕事で遅くまで帰れず、ろくに睡眠もとれない。それが数日続いた朝、目の下にクマができたという経験はないでしょうか?このクマのことを青クマといいます。青クマは主に睡眠不足が原因でできると認知されています。ではなぜ睡眠不足が青クマを招くのでしょうか? それは、睡眠不足が血行不良を招くからです。実は、青クマの原因は血行不良にあります。

人は睡眠が不足すると、血管が収縮します。その結果、顔も含めた全身が血行不良の状態となります。血行不良になると、血液は黒ずみ、皮膚の色を通じて外見は青みがかったような色になります。これが青クマの正体です。 血行不良が原因と考えると、青クマの原因が睡眠不足だけではないことも想像できるでしょう。血行不良を招くあらゆる行為が、青クマの原因になりうるのです。睡眠不足以外に、血行を悪くする原因は以下の通りです。

  • 運動不足
  • 疲れ
  • 眼精疲労
  • 冷え性
  • ホルモンバランスの乱れ
  • ストレス
  • 喫煙
  • 栄養バランスの乱れ
  • 乾燥

血行を悪くする原因は他にもたくさんありますが、青クマの原因として見られる血行不良は、主に以上のようなものが原因となっています。 睡眠不足も含めて、これらの全ての原因を遠ざければ青クマも解消できるかもしれませんが、現代社会の背景に照らせば、そうも簡単に遠ざけることができないのも事実です。

例えば、ストレスを抱えるなといわれても、ほとんどの人にとっては難しく、社会生活を営むうえで、ストレスから解放されることはないでしょう。 また、運動をやりたくても疲れていてできない人もいるでしょう。結果、運動不足と疲れの両方を抱えることになります。 さらに、どんな職種の人であれ、今やパソコンを切り離して仕事をすることは難しくなっています。そこにスマートフォンの普及も合わさり、一昔前に比べると、眼精疲労の人の比率も増えているはずです。

このように、普段の生活の中に、青クマになる要因はいくつも潜んでいます。少しでも青クマと無縁でいられるよう、可能な限りのセルフケアは行なっておきたいものです。

自分でできる!青クマを治す方法

顔クマの原因は血行不良なので、セルフケアで血行を改善させれば青クマも解消することになります。血行を改善しても青クマが解消しない場合は別の理由が隠れている可能性があるため、大事になる前にクリニックなどの専門機関に相談したほうが良いでしょう。 以下では、青クマ解消に効果的な血行改善の方法をご紹介します。

十分な睡眠をとる

十分な睡眠をとるために重要なポイントは、睡眠の時間よりも質です。深い眠りであれば、6時間もいらないかもしれません。逆に浅い眠りなのであれば、8時間以上眠っても足りないでしょう。 深い眠りを得るためには、まず就寝前によく体を温めておくこと。人は、体温が下がる過程で眠くなると言われています。お風呂の湯船にしっかりと浸かって体を温めておけば、温まった体温が常温に戻る過程で自然に眠くなるでしょう。 また、就寝直前にパソコンやスマホの画面を眺めると、睡眠の質が悪くなると言われています。習慣化している人も多くいると思うので、注意しましょう。

いびきをかくと指摘されたことがある人も要注意です。いびきによって睡眠中の酸素が不足し、心身の疲れが取れにくくなります。いびきが著しいようなら、一度病院で診てもらったほうが良いでしょう。

シャワーだけではなく湯船に浸かる

体を温めることはそのまま血行促進効果に直結します。時間がなかったり面倒だったりなどの理由で、湯船に浸からずにシャワーだけで済ます人も多いようです。しかし、睡眠の質と血行の観点から見ると、決して好ましい習慣ではありません。多少時間がかかったり、面倒だったりしても、青クマ撃退のために湯船に浸かる習慣をつけましょう。

目元を温める

良質な睡眠やお風呂などで全身の血行改善を図るとともに、青クマの原因となる目元の血行をピンポイントで改善させることも効果的です。 やり方は、40°程度に温めたタオルを目の上に乗せるだけと、とても簡単です。500wの電子レンジで1分ほど加熱すれば、ちょうど良い温度のタオルに仕上がります。ドラッグストアで目元専用のホットマスクを購入しても良いでしょう。 目元を温めると、血行が改善するだけでなく眼精疲労の回復にもつながります。眼精疲労もまた青クマの原因の一つなので、温タオル作戦は青クマ対策として効果的なのです。

目元をマッサージする

目元のマッサージも血行改善に効果的です。毎日の洗顔後などに、目元のマッサージを習慣化してみましょう。コツは特に要りません。青クマの部分を中心に、目の周りをやさしくマッサージするだけです。 注意点としては、事前にクリームなどで目元の皮膚の滑りを良くしておくこと。指の滑りが良くなり、広く均等に力を加えることができます。滑りが悪い状態でマッサージを行なうと、目元の皮膚を傷めてしまい、やがて茶クマに発展してしまう恐れがあるので注意しましょう。

青クマを予防する方法

まだ青クマになっていない人、青クマを改善させたばかりの人は、油断せず青クマを予防する生活習慣を身に付けていきましょう。 繰り返しになりますが、青クマ発症の原因は血行不良です。血行が悪くなる行為を避け、血行が良くなる行為を取り入れれば、必然的に青クマ予防へとつながります。以下、特に大切な4項目について見ていきましょう。

体を冷やさないようにする

良質な血行を維持するため、第一に必要なのが体を冷やさないこと。体が冷えると血管が収縮し、全身の血行が悪くなります。青クマだけではなく、他にも様々な美容上のトラブルを併発する恐れがあるので、くれぐれも体を冷やさないよう注意してください。夏場のクーラーによる冷えも大敵です。

適度な運動習慣をつける

運動することで血行が良くなります。体温も上がることから、血管の収縮を予防することもできます。 良質な血行を維持するためには、激しい運動は必要ありません。ウォーキングなどの軽い運動で十分です。忙しくてウォーキングをする時間もないという人は、普段、エレベーターやエスカレーターではなく、なるべく階段を使うなどして心がけましょう。

血液をサラサラにする食材を積極的に摂取する

血液をサラサラにすれば、その分、血行は良くなります。血液をサラサラにするには、そのための食材を意識的に摂取することが効果的です。 おすすめの食材は青魚。DHAやEPAなど血液サラサラ効果の高い成分が豊富に含まれているので、可能であれば毎日摂取したいところです。ブロッコリーや納豆も高い血液サラサラ効果を持ちます。青魚とあわせて積極的に摂取しましょう。

禁煙する

喫煙すると、あっという間に全身の血管が収縮します。毛細血管の一部に一時的に血液が届かなくなるなど、煙草は血行を悪化させる代表のようなものです。自力で禁煙ができるならば問題ありませんが、難しいと考えるかたは、一度禁煙外来で診察を受けてみたほうが良いかも知れません。

青クマを本気で治したいなら

ご紹介したセルフケアを通じて青クマが解消すれば、とても喜ばしいことです。しかしながら残念なことに、すべての人がセルフケアで青クマを解消できるというわけではありません。なかなか成果が出ないという人もいることでしょう。その場合は、一度美容クリニックで見てもらうのもいいでしょう。 美容クリニックでは様々な施術を通じて青クマを治療しています。例えば次のような施術になります。

目の下の血行改善を図る施術

マシンを使って高周波などをあてることにより、目の下の血行を改善させて青クマを解消します。

目の下の毛細血管を減らす施術

レーザーで目の下の毛細血管を破壊することで青クマを解消します。

ヒアルロン酸注射

目の下にヒアルロン酸を注入することによって、皮膚を持ち上げて青クマを目立ちにくくします。

青クマを解消するためのセルフケアを行なったにもかかわらず、依然として症状が改善されない場合には、青クマ以外にも、黒クマや茶クマが併発している可能性があります。複数のクマが併発すると、セルフケアで撃退するのは困難です。症状に心当たりがあれば、早急に美容クリニックに相談に行ったほうが良いでしょう。

目の下のクマ・たるみ治療が得意な美容クリニック比較ランキング
  1. セオリークリニック

    セオリークリニックのキャプチャー画像

    ノーダウンタイムを実現した最新の技術で治療できるクリニック。院長がカウンセリングからアフターケアまで担当。

  2. 銀座みゆき通り美容外科

    銀座みゆき通り美容外科のキャプチャー画像

    圧倒的な症例数を誇るクリニック。個々に合った最適な治療を提案してくれます。メディアへの露出も多いです。

  3. オザキクリニック

    品川美容外科のキャプチャー画像

    レーザーや注入治療を得意とするクリニック。複合治療のバリエーションも豊富です。カウンセリングが丁寧と評判。

  4. 二子玉川美容外科
    クリニック

  5. 聖心美容クリニック