目の下にできるクマの種類とは?

茶クマ・青クマ・黒クマ、自分のクマはどの種類なのかチェックしてみてください。睡眠不足になると目の下にあらわれるクマ。なかには充分な睡眠を取ってもいつまでも取れないものもあります。目の下のクマには茶クマ・青クマ・赤クマなどの種類があり、それぞれにできる原因も改善の方法も違うので、自分のクマがどの種類なのか把握しないまま対処してもなかなか消えてくれないのです。ここでは3種類のクマの見分け方や原因、改善法をまとめています。消えないクマに悩んでいる方は参考にしてください。

おすすめクリニック
比較ランキングはこちら

茶クマ

茶クマとは目の下にできるシミやくすみ、色素沈着のことで、「角度を変えて見てもクマの濃さが同じ」「皮膚を引っ張っても薄くならない」といった特徴があります。
茶クマの原因には2つのパターンがあり、一つは日焼けや目のこすり過ぎなどが原因で皮膚の表面に色素沈着が起こるパターン。もう一つはホルモンバランスの乱れや老化による細胞の変化が原因で皮膚の奥深くにアザができてしまうパターンです。
茶クマを治すためには色素が肌に定着してしまう前にスキンケアする必要があります。「優しく洗顔する」「保湿する」などの対処法がありますが、一度沈着した色素を取り除くには長期的にケアしなければなりません。肌は通常28日周期で新しい細胞に生まれ変わり、それにつれて色素も薄まります。ですが、その間に肌細胞が刺激を受け、新たな色素沈着が始まってしまうとなかなか良くならないのです。
本気で茶クマを治したいと思ったら、クリニックに行くことをおすすめします。薬の処方やレーザーによる色素除去で茶クマを根本から治療しましょう。

もっと詳しく読む

青クマ

青クマとは、目の周りのうっ血した毛細血管が青く浮き上がり、それが皮膚を透かして見える状態のこと。あかんべーをするように目の下の皮膚を引っ張ってみて、青みが薄くなったら青クマの可能性があります。
日常的に目を酷使している人や、生理などで血行不良になりやすい女性によくできるのが青クマです。目の周囲の皮膚が薄いと血管が浮き出やすく、青クマも出やすくなりますが、皮膚の厚さは遺伝するので両親に青クマが出ている人は要注意です。
青クマを自分で改善するには、目の周りの血流を良くすることがポイント。ホットタオルで目元を温めたり、マッサージしたりして血行を促進しましょう。アイクリームや美容液を使った保湿も改善に効果があります。
自分でマッサージや保湿などの改善法を試しても青クマが消えない場合は、クリニックに相談することをおすすめします。自己診断で青クマだと思っていたものが実際にはたるみによる茶クマだった、という場合もあるからです。医師に診断してもらうことで確実にクマを治しましょう。

もっと詳しく読む

黒クマ

黒クマの正体は、目の下のくぼみに光が当たってできる影です。このくぼみは、加齢で目の周りの皮膚が薄くなったり、スマホやパソコンを.見過ぎて目の周りの筋力が低下することによってできます。生まれつき目の下の脂肪が少ない人や顔立ちのはっきりした人、涙袋が大きい人は特に黒クマができやすいので注意が必要です。
黒クマはコンシーラーを塗ってもその上に影ができてしまうので、隠すのが困難。厚塗りするとかえって黒クマの色が目立ってしまいます。メイクで隠すのではなく、目元の筋肉を鍛えるなど日頃のケアが重要。また、顔がむくむと目の下のくぼみが深くなり黒クマが際立つので、むくみを取るマッサージも効果的です。
加齢によりできた黒クマは、セルフケアだけで治すことは難しいでしょう。その場合、美容クリニックで目の周りにヒアルロン酸を注入して膨らませたり、目の下のたるんだところを施術で取ったりすることで改善できます。自分一人では治せない黒クマに悩んでいる方は、美容の専門家に相談してみてはいかがでしょう。

もっと詳しく読む

赤クマ

赤クマは目の下がぷっくり赤く腫れている、という症状が特徴です。パソコンやスマホなどを長時間使い、目を酷使してしまうと血行不良になり、赤クマの症状が出やすくなります。
青クマも血行不良により起こるクマですが、青クマは静脈がうっ血することが原因です。一方、赤クマは静脈と動脈の両方がうっ血します。目の下がふくらみはじめたら、赤クマができるサインのため気をつけましょう。
赤クマは、青クマや黒クマよりも症状が軽いです。そのため、早めにケアをすることで改善できます。目が疲れた、睡眠不足の状態が続いているというときには、パソコンやスマホを使用する時間を短くしたり、こまめに休憩をはさんだりして、目を疲れさせないようにしましょう。
また、普段の生活では、適度な運動をする、冷たいものばかり飲んで体を冷やさない、湯船につかるなどといった生活習慣を身につけることで、血行不良を予防することができます。食事では血管を拡張する働きがあるビタミンKを多く含む食事を心がけるようにしましょう。赤クマが改善されない場合は、クリニックに相談するのもおすすめです。

もっと詳しく読む

目の下のクマ・たるみ治療が得意な美容クリニック比較ランキング
  1. セオリークリニック

    セオリークリニックのキャプチャー画像

    ノーダウンタイムを実現した最新の技術で治療できるクリニック。院長がカウンセリングからアフターケアまで担当。

  2. 銀座みゆき通り美容外科

    銀座みゆき通り美容外科のキャプチャー画像

    圧倒的な症例数を誇るクリニック。個々に合った最適な治療を提案してくれます。メディアへの露出も多いです。

  3. オザキクリニック

    品川美容外科のキャプチャー画像

    レーザーや注入治療を得意とするクリニック。複合治療のバリエーションも豊富です。カウンセリングが丁寧と評判。

  4. 二子玉川美容外科
    クリニック

  5. 聖心美容クリニック