クマは生活習慣によってできる?

普段の生活習慣がクマを作っている可能性も

目の下の気になるクマは、老化だけが原因ではありません。普段の生活習慣が原因で、知らず知らずのうちに目の下のクマを濃くしてしまっている可能性もあります。クマを改善していくためにも、クマができてしまう原因を知っておくことは大切です。

生活習慣がクマの原因に

普段の生活習慣の中にも、クマができてしまう原因はたくさん潜んでいます。例えば睡眠不足でクマができることは有名ですが、他にも喫煙やストレス、食事、スマホの操作によってクマができる可能性も。クマができてしまう原因となる生活習慣を正していくことで、クマの改善や予防をすることが可能です。

生活習慣の改善

クマができる原因は、何気なく行っている生活習慣の中にあります。原因となる生活習慣について、対策や詳細を交えながら詳しく見ていきましょう。

寝不足

睡眠不足はクマの原因の代名詞のような存在ですが、睡眠不足でクマができてしまうのは、自律神経のバランスが乱れて血行不良になるためです。血管を収縮させるための指令を出しているのは自律神経なので、自律神経が乱れるとうまく血液を流せなくなります。睡眠不足は自律神経のバランスを崩す原因となるため、クマができるのです。

ストレス発散

ストレスは全身のさまざまな部分に悪影響を及ぼします。ストレスも睡眠不足同様、自律神経のバランスを乱れさせる原因となります。活動時に働く交感神経が優位になることで、体の緊張状態が続くことも血行不良の原因のひとつです。現代社会の中に生きていればストレスを失くすことはできませんので、うまくストレスを発散させることが大切でしょう。

タバコ

タバコの中のニコチンは、末梢血管を収縮させる働きをする「カテコールアミン」という物質の生成を促進させます。そのため、タバコを吸うと血液の流れは悪くなり、目の周辺などの細い血管に血液を行き渡らせにくくします。ニコチンの作用に対する対策はありませんので、禁煙をすることもクマ改善のひとつの方法です。

スマホやパソコン

スマホやパソコンを使用していると同じ姿勢を長時間続けることになるうえ、ブルーライトによって目の筋肉が疲れるため、目の周辺が血行不良になりやすいといわれています。また、ストレートネックという首の骨の変形が起こる可能性もあり、これも血行不良の原因となります。現代では、スマホやパソコンの操作が血行不良の主な原因となっているかもしれません。

食事の改善

糖分をたくさん含んだ食べ物や、冷たい食べ物は血行不良の原因となります。また、油っぽいものを食べ過ぎると血液がドロドロになりやすくなるため、血流が阻害されます。食事で血行を促進させるには、辛い物や生姜、根菜などの体を温める食べ物がおすすめです。

目をこすらない

目をこする癖は茶クマができる原因となります。茶クマは色素沈着が原因です。目の周りの薄い皮膚に摩擦が加わることによって、皮膚は自身を守ろうとしてメラニン色素の生成が促進されてクマができます。目をこする以外にも、こするような洗顔やクレンジングもメラニンを生成させます。

クマがすでにある場合は

生活習慣はクマができてしまう原因のひとつとなるため、これらの習慣を改善すればクマが綺麗になくなる可能性もあります。ですが、長年の生活習慣によって作られたクマは、短期間で消えるものではありません。

もっと早くより確実にクマを解消したいのであれば、美容クリニックの治療で消す方が良いでしょう。特に脱脂術という治療法であれば、痛みも腫れもなくすぐにクマを解消できますので、手軽に短期間でクマを解消したい方におすすめです。

目の下のクマ・たるみ治療が得意な美容クリニック比較ランキング
  1. セオリークリニック

    セオリークリニックのキャプチャー画像

    ノーダウンタイムを実現した最新の技術で治療できるクリニック。院長がカウンセリングからアフターケアまで担当。

  2. 銀座みゆき通り美容外科

    銀座みゆき通り美容外科のキャプチャー画像

    圧倒的な症例数を誇るクリニック。個々に合った最適な治療を提案してくれます。メディアへの露出も多いです。

  3. オザキクリニック

    品川美容外科のキャプチャー画像

    レーザーや注入治療を得意とするクリニック。複合治療のバリエーションも豊富です。カウンセリングが丁寧と評判。

  4. 二子玉川美容外科
    クリニック

  5. 聖心美容クリニック