クマができてしまう原因は?

大きく3種類に分けられるクマの原因。
対処法がそれぞれ異なるので自分のクマの種類を把握しておきましょう。

目の下のクマが目立っていると、疲れて見てたり、実年齢より老けて見えることもあります。しっかり眠っているのに、常にクマがある方は、深く悩んでいるかと思います。たるみが原因の黒クマ、色素沈着が原因の茶クマ、血行不良が原因の赤クマを詳しく解説しています。

おすすめクリニック
比較ランキングはこちら

黒クマ(影クマ)ができる原因

人が得られる情報の8割は、目から入ってくると言われています。
そんな大切な目を守るため、眼球はクッションの役目を果たし、目の動きをフォローする眼窩脂肪に囲まれています。

眼球と眼窩脂肪を目があるべき位置に配置して支えているのは、靭帯です。目の周りの靭帯は、とても薄いのですが強靭です。しかし、加齢に伴い靭帯は緩んでしまい、重力によって眼球が下にさがってしまいます。 それによって、眼窩脂肪が前に押し出されるのです。この脂肪のふくらみが影になり黒クマと呼ばれています。

眼球は靭帯だけでなく眼輪筋という筋肉でも支えています。目を大きく動かすストレッチを取り入れて眼輪筋を鍛えることが対処法になります。

茶クマができる原因

茶クマは、メラニン色素の沈着が原因です。
日焼けや、皮膚のこすれなどが原因で、黒ずみがでてしまします。 皮膚が弱い、皮膚が弱くなる高齢者、アイメイクがきちんと落とせていないなども原因になる場合も。

また、まぶたは、皮膚が薄く擦るなどの刺激で色素沈着が起きやすい箇所です。
肌が正しくターンオーバーしていれば、薄くなる可能性があります。ビタミンCの摂取や、美白美容液を使ってみるのがおすすめの対処法です。

赤クマができる原因

睡眠不足や疲れによってできるクマは、赤クマや紫クマと呼ばれます。
目の周りの血行不良や皮膚のたるみによって、皮膚の上から筋肉の色が透けて見えている状態を指します。

対処法としては、目や体を疲れさせないことです。
パソコン仕事などを長時間していると目の血行が悪くなりクマになります。1時間に一度は画面から目を離し、目を上下左右に大きく回転させるように動かし目のストレッチをします。
また、遠くを見ると目の筋肉の緊張がほぐれます。疲れが溜まったと思ったら、電子レンジで暖めた蒸しタオルで目を暖めます。 貧血気味の場合もクマができやすくなります。鉄分やビタミンB6を含む食品を取り入れるようにしましょう。

目の下のクマ・たるみ治療が得意な美容クリニック比較ランキング
  1. セオリークリニック

    セオリークリニックのキャプチャー画像

    ノーダウンタイムを実現した最新の技術で治療できるクリニック。院長がカウンセリングからアフターケアまで担当。

  2. 銀座みゆき通り美容外科

    銀座みゆき通り美容外科のキャプチャー画像

    圧倒的な症例数を誇るクリニック。個々に合った最適な治療を提案してくれます。メディアへの露出も多いです。

  3. オザキクリニック

    品川美容外科のキャプチャー画像

    レーザーや注入治療を得意とするクリニック。複合治療のバリエーションも豊富です。カウンセリングが丁寧と評判。

  4. 二子玉川美容外科
    クリニック

  5. 聖心美容クリニック