クマができてしまう原因は?

種類によっても原因は異なる?クマができる原因を把握し適切な対応をしよう!

目の下にできるクマには種類があります。クマの種類によって原因は違うのですが、目の下は皮膚が薄く乾燥しやすい部分です。少し刺激を与えただけでも黒くなったり、青くなったりします。さらに目の下は色素沈着しやすい部分でもあり、メイク落としなどが原因でクマができる場合も。目の下にできているクマの症状を正しく把握して、適切なケアをしましょう。

おすすめクリニック
比較ランキングはこちら

クマができる原因とは

一口にクマとは言っても、色や症状、原因は様々。目の下の脂肪が膨らんだときの「影」や、長年の皮膚の酷使によってできた目の下の色素沈着もクマと言います。あるいは目の下の筋肉が透けて見える赤みや、目の下の毛細血管が透けて青く見える症状などもクマと言います。バセドウ病などの病気が原因で生じるクマもあります。
つまり私たちは、何らかの原因によって目の下に生じた違和感ある色を指して、クマと総称しているのです。

クマができる原因の一つは目の下の皮膚の薄さ

クマの原因は、その種類によって異なります。詳細は後ほどクマの種類ごとに説明しますが、すべてのクマに共通する原因の一つが、目の下の皮膚の薄さであることは確かです。

人の体の皮膚のうち、足の裏や手のひらは、常に外部からの刺激に晒されていますが、これらの部位にクマが現れることはありません。皮膚に脂肪を抑え込むほどのハリがあり、毛細血管などが透けないほどの皮膚の厚さがあるからです。

目の下の皮膚は、他の部位の皮膚に比べて非常に薄い構造です。厚さがわずか0.6mmほどと、ほぼ卵の薄皮程度。 これほど皮膚が薄ければ、加齢による目の下の脂肪のたるみに対して、ハリを維持することは難しくなるでしょう。その結果、脂肪の「影」が現れるかも知れません。あるいは、薄い皮膚への継続的な刺激によって、色素沈着ができやすくなることもあります。筋肉や毛細血管が透けて見えてくるのも納得できます。
このことから、目の下にあらゆる種類クマができる原因の一つは、皮膚の薄さだといわれています。

血行不良に要注意

目の下の脂肪や色素沈着が原因のクマは、一朝一夕で解消できるものではありません。美容クリニックに相談するのが、確実に解消する一番の近道です。
一方で、毛細血管の透過が原因のクマは、日常的な対策を怠らないことで予防・解消することができます。具体的には、冷たい飲み物を避けたり血液をサラサラにする食材を積極的に摂取したりするなどして、常に良好な血行を維持するのです。今日からすぐにでもできる対策なので、ぜひ実行していきましょう。

以下では、クマの症状や原因別に黒クマ影クマ・茶クマ・赤クマ・青クマの4種類のクマに分け、それぞれについて詳しく解説します。あなたが今悩んでいるクマがどの種類に該当するかを確認し、一刻も早くクマを解消するための適切な対策を取っていきましょう。

黒クマ(影クマ)ができる原因

目に影ができているような、全体的に黒くなっているのが黒クマです。目の下に線が入っているように見えることもあります。黒クマができる原因は、加齢とともに目の周りの皮膚や筋肉が衰えたるんでくることや、眼球を支える靭帯が劣化してしまうことで、下瞼の脂肪が前方に突き出てしまうことです。生まれつき、黒クマができやすい骨格であったり、目の下に脂肪が多かったりする場合も黒クマができやすくなります。

黒クマはメイクをすると余計に目立ってしまうやっかいなクマです。照明が上から当たると余計に目立ち、疲れていなくても疲労困憊しているように見えてしまいます。加齢とともに目の下がくぼんできたり、小じわが目立つようになったら注意が必要です。コラーゲンの劣化が原因で起こる黒クマはクリームなどで改善するのは難しく、肌の内部からケアをしなければ根本的な改善ができにくいものです。美容外科などに行って治療を受けるのがおすすめです。

茶クマができる原因

目の下や目の周り、下まぶた、上まぶたも含め全体が茶色く、または黒ずんでいるのが茶クマの特徴です。茶クマの原因は主に色素沈着によるものです。よく目をこするクセがある人は茶クマができやすいので注意しましょう。紫外線やメイクによる刺激、アイメイクを落とす際のクレンジングでこするなど、刺激を与えていることが茶クマの原因になります。また、かゆくてこする、乾燥してこするなどといった行為も茶クマを悪化させてしまいます。

茶クマは表皮だけではなく、真皮にメラニン色素が沈着したことでできることもあります。これが遅発性両側性太田母斑様色素斑というアザです。ほほやおでこ、小鼻、目の下などに現れることが多く、皮膚の奥にメラニンが沈着することでできます。

表皮にできている茶クマは美白ケアなどで予防をすることが可能ですが、真皮層に色素沈着してしまった場合は、レーザーなど美容外科に行って専門的な治療を受ける必要があります。

赤クマができる原因

目の下が薄く赤く腫れているような症状のクマを赤クマといいます。目の下の皮膚を引っ張ったときに赤くなるのであれば、赤クマの可能性が高いです。赤クマは、下まぶたの奥にある脂肪が前に突き出る際に、脂肪の周りにある筋肉も押し出されてしまうことが原因です。この筋肉が透けてしまうことで、目の下が赤く見えてしまうのです。このような状態になる原因には、加齢によるたるみ、血行不良、目の疲れなどで、血液循環が悪くなっていることも関係しています。目の下の毛細血管に血栓ができていることもあるため、血行不良には注意が必要です。

パソコンを1日中使っているなど、目を酷使している人は注意しましょう。スマホばかり見ている人も同様です。赤クマは黒クマなどよりも軽度なクマで、ケアをすることで予防をすることができます。目の疲れを感じたら目を休める、マッサージをするなどして、目を疲れさせないようにしましょう。ケアを怠ると、症状が進行してたるみにつながります。

青クマができる原因

目の周りの毛細血管の血液循環が悪くなり、皮膚から毛細血管が透けて青く見えるものを青クマと呼びます。目の周りの皮膚は薄く、毛細血管がたくさん通っているため、血行が悪くなると毛細血管が透けて見えやすいのです。特に色の白い人や皮膚が薄い人は目立つことが多いです。血行が悪くなることが原因で起こる青クマは、目を酷使することによる眼精疲労、睡眠不足、冷え、ホルモンバランスの乱れ、ストレスなどさまざまな要因が考えられます。

青クマはコンシーラーなどメイクで隠すことができるため、メイクで隠し続ける人も多いでしょう。しかし、目の周りにメイクをしていると乾燥しやすくなり、血行が悪くなります。その結果青クマがひどくなったり、たるみの原因になったりするので、根本から改善することをおすすめします。

血行を良くするため、温タオルを使う、マッサージをする、ツボ押しをするなどといったケアをするとともに、体全体の血行の改善を心がけましょう。

目の下のクマ・たるみ治療が得意な美容クリニック比較ランキング
  1. セオリークリニック

    セオリークリニックのキャプチャー画像

    ノーダウンタイムを実現した最新の技術で治療できるクリニック。院長がカウンセリングからアフターケアまで担当。

  2. 銀座みゆき通り美容外科

    銀座みゆき通り美容外科のキャプチャー画像

    圧倒的な症例数を誇るクリニック。個々に合った最適な治療を提案してくれます。メディアへの露出も多いです。

  3. オザキクリニック

    品川美容外科のキャプチャー画像

    レーザーや注入治療を得意とするクリニック。複合治療のバリエーションも豊富です。カウンセリングが丁寧と評判。

  4. 二子玉川美容外科
    クリニック

  5. 聖心美容クリニック