目の下のクマ・たるみは切らないと
治らないと思っていませんか?

顔の印象を一気に老けさせてしまう目の下のクマやたるみは、隠したいと思っても、メイクやエステで隠すのは限界があります。美容クリニックで目の下のクマやたるみを治療するためには、従来下まぶたの直下を切開する方法が一般的でしたが、最近では「切らない目の下のクマ・たるみ取り」が主流です。どの施術法が合っているかは、症状などにより個人差があります。このサイトでは、目の下のクマ、たるみ治療が得意な美容クリニック、そして治療法をまとめてみました。

目の下のクマ、たるみ治療に強い美容クリニックの
比較ランキング

皮膚が薄くデリケートな目の下のクマやたるみを治療するには、医師の技術力や知識が必要です。
また確実に悩みを解決するためには、どの治療法を選ぶかも重要。
そこで、目の下の治療が得意なクリニックをピックアップし、治療法や価格でランキングしました。
クリニック選ぶで失敗しないためにも、ぜひチェックしてみてください。

セオリークリニック
セオリークリニックのキャプチャー画像
目の下のクマ・たるみ治療に実績豊富。院長による一貫ケアに信頼を寄せる人も多い人気クリニックです。
銀座みゆき通り美容外科
銀座みゆき通り美容外科のキャプチャー画像
目の下のクマ・たるみ専門として絶大な支持を獲得。熟練の専門医が症状に合わせてカスタマイズ。
オザキクリニック
オザキクリニックのキャプチャー画像
通院しやすさとリーズナブルな料金設定で人気の全国チェーン。若返り術と組み合わせて効果倍増。

クマ・たるみにはどんな治療法があるの?

目の下のクマ、たるみの治療法は、症状や体質などにより個人差があります。
たるみの程度によってヒアルロン酸注入や、脱脂術と脂肪注入を組み合わせた
もの等があります。また、クマ治療はクマの種類によって治療法が異なります。

目の下のたるみ(軽度)の治療法のイメージ画像

目の下のたるみ(軽度)の治療法

目の下のたるみが比較的軽い人や、「手術するのは不安だけどリフトアップしたい」という人には、サーマクールやレーザー治療をはじめとする照射系、ヒアルロン酸やボトックスなどの注入系、糸でリフトアップするフェザーリフトなどがあります。

目の下のたるみ(重度)の治療法のイメージ画像

目の下のたるみ(重度)の治療法

目の下のたるみを確実に、半永久的に解消したいという場合は、目の下の余分な脂肪やたるんだ皮膚を取り除く「脱脂術」がオススメです。ただ脱脂術だけを行うと目の下がへこんでしまうリスクがあり、そのため、脱脂のあとのへこみ部分に脂肪注入を行う施術が一番確実な治療法となります。

目の下のクマの治療法のイメージ画像

目の下のクマの治療法

目の下のクマには赤クマ、黒クマ、茶クマの3種類があります。血行不良から来る赤クマや、目の下のくぼみからくる黒クマは、ヒアルロン酸やボトックス、脂肪注入など、目の下をふっくらと持ち上げる治療法があります。メラニン色素からくる茶クマには、レーザー治療がおすすめです。

目の下のクマ・たるみ治療・施術法 徹底解剖!

目の下のクマやたるみの改善に効果がある、美容クリニックでの治療や施術方法について徹底的に解説します。最新技術を駆使した新しい治療法もたくさんあるので、あなたに合ったピッタリの治療法が見つかるはずですよ。

切らない脱脂術

下まぶたの余分な脂肪を取り除くことで目のたるみを改善する方法です。まぶたの裏側から脂肪を取り出すため傷口が見えず、ダウンタイムの少ない「切らない施術」として人気。効果も半永久的に持続すると言われています。

目の下のクマ・たるみの切らない脱脂術を詳しく見る

ヒアルロン酸注入

目の下にヒアルロン酸を注入し、クマやたるみを改善する施術法。ふっくらした目元を演出してくれるのが魅力です。メスを使わないため体への負担が少なく料金もリーズナブルなので、手軽に試せる施術として人気があります。

目の下のクマ・たるみの切らないヒアルロン酸注入を詳しく見る

レーザー治療

特定のレーザー光線を目の下へ照射し、コラーゲン・ヒアルロン酸などの生成を活性化させることで肌のターンオーバーを正常化。その結果、たるみやクマが解消されます。切らない施術法なので体への負担がなく、即効性があるメニューとして人気。

目の下のクマ・たるみの切らないレーザー治療を詳しく見る

サーマクール

高周波RF(ラジオ波)を肌に照射し、肌を傷つけずに引き締め効果が期待できる施術法です。切らないたるみ治療の定番として人気があり、国内でも症例数が豊富。たるみのタイプによって照射方法が変わるので、しっかりカウンセリングを受けるようにしましょう。

目の下のクマ・たるみの切らないサーマクールを詳しく見る

フェザーリフト

返しのついた特殊な糸で皮膚を引き上げ、たるみを改善させる治療法。引き上げたい部位を自在にカスタマイズでき、好きな部位を好きなところまで引き上げられるのが魅力です。コラーゲン生成も促され、肌にハリが生まれる画期的なたるみ改善メニュー。

目の下のクマ・たるみの切らないフェザーリフトを詳しく見る

ボトックス

ボトックスには筋肉の動きをブロックする作用があり、表情ジワを軽減させて皮膚を引き締めてくれるので、たるみの改善と共に小顔効果も期待できます。10分程度の注入で済みダウンタイムもないため、施術当日からでもメイク・入浴が可能です。

目の下のクマ・たるみの切らないボトックスを詳しく見る

マドンナリフト

別名「アイレーザーリフト」とも呼ばれ、皮膚が薄いデリケートな目元のために開発された目元専用のレーザー治療。微細な炭酸ガスレーザーを照射することで目元のたるみを改善し、肌を引き締めます。

目の下のクマ・たるみの切らないマドンナリフトを詳しく見る

脂肪注入

目の下に脂肪を注入する、別名「リッチフェイス」と呼ばれる施術です。自分のウエストやヒップまわりの脂肪を抽出して使用するため、アレルギーや副作用がなく安全性が高め。ふっくらした若々しい目元をつくれます。

目の下のクマ・たるみの切らない脂肪注入を詳しく見る

切る下まぶたのたるみ取り

下まぶたのたるみをメスで切り取る施術で、下まぶたの脂肪過多、重度の皮膚たるみがある方に最適な方法です。メスでたるんだ皮膚を切除するので、確実にたるみを取り除くことができ、半永久的に効果が続くのが魅力。

切る下まぶたのたるみ取りを詳しく見る

リードファインリフト

10本以上の糸を皮膚の下に挿入して、たるんだ皮膚を持ちあげる治療方法。挿入部分のコラーゲン・エラスチン生成が活発になります。糸は1年ほどで体内に吸収され、術後すぐ効果を得られるのが人気。

目の下のクマ・たるみの切らないリードファインリフトを詳しく見る

ハムラ法

目の下にある余分な脂肪をくぼんでいる部位に移動させ、目元をフラットにさせる方法です。別名「眼窩脂肪移行術(がんかしぼういこうじゅつ)」とも呼ばれ、画期的な治療のため高度な外科手術が必要になります。

目の下のクマ・たるみの切らないハムラ法を詳しく見る

レディエッセ

ガムに含まれており骨や歯の生成をする成分「カルシウムハイドロキシアパタイト」が主成分の注射を使った施術法です。もともと体にある成分なので拒否反応もなく安全で、ヒアルロン酸より効果が長いのが魅力。深いシワを消す施術などで活用される人気のアンチエイジングメニューです。

目の下のクマ・たるみの切らないレディエッセを詳しく見る

セルリバイブジータ

最先端若返り療法で、W-PRP療法とも呼ばれます。セルリバイブジータは、自分自身の血小板を皮膚に注入して肌を活性化させるPRP療法をさらに血小板濃縮率をアップして効果を高めたものです。効果は3年以上続くといわれています。

目の下のクマ・たるみの切らないセルリバイブジータを詳しく見る

裏ハムラ

切開手術によって余分な脂肪をくぼんだ部分に移動させるハムラ法に対して、切らない方法を用いるのが裏ハムラ法です。下まぶた裏の結膜側に穴を開け、くぼんだ部分に脂肪を移動させます。切らない施術で人気がありますが、高度な技術が必要です。

目の下のクマ・たるみの切らない裏ハムラを詳しく見る

ウルセラシステム

超音波エネルギーによりたるみ・美肌治療を行います。切らないフェイスリフトと呼ばれ、真皮層や筋肉にまで熱エネルギーを届け、皮膚・筋肉の引き締め、たるみやしわをケアしてくれます。短時間でダウンタイムも短い人気の施術です。

目の下のクマ・たるみの切らないウルセラシステムを詳しく見る

ライムライト

ライムライトは、日本人の肌質に目を向け作られた、光治療器です。そのため、肌に負担が少なく効果を得ることが可能。また、メラニン色素の排出の促進と、皮膚のターンオーバーを早める働きかけをするため、茶クマ治療に効果的と言われています。

目の下のクマ・たるみのライムライト治療を詳しく見る

金の糸(ゴールデンリフト)

金の糸(ゴールデンリフト)は、気になる部位に金の糸を注入して、肌本来の機能を促進し、若返らせる治療法。そのため、目の下のたるみやクマだけではなく、ニキビや乾燥肌といった症状にも効果があると言われている施術です。

目の下のクマ・たるみの金の糸(ゴールデンリフト)治療を詳しく見る

目の下のクマ・たるみ 美容整形Q&A

目の下のクマ・たるみの美容整形を行う場合、クマの種類や施術法、ダウンタイムや、危険性、費用など気になることが沢山ありますよね。状態によって変わるクマ・たるみの施術法についての情報をQ&A形式でまとめてみました。

費用の相場は?

ヒアルロン酸・ボトックス注入などのプチ整形によるクマ・たるみ治療は3万~10万円ほどが費用の相場。より高い改善効果を得たいなら外科手術を受ける必要があり、切開する手術としない手術のどちらも30万円ほどかかります。

費用の相場を詳しく見る

クマには種類があるの?

クマには大きく分けると「黒クマ」「赤クマ」「茶クマ」の3つがあります。それぞれ原因が異なるため、症状からクマの種類を見極めたうえで治療法を選ぶことが重要です。手術や治療を行う前に、自分のクマがどの種類なのか把握しておきましょう。

クマの種類を詳しく見る

たるみの程度によって施術法が違うの?

たるみの程度はその方の骨格や皮膚の状態、生活習慣などによっても異なります。それぞれにたるみの原因や症状の重さが異なるので、プチ整形や脱脂術などの施術法のなかから自分にあった治療を選びましょう。

たるみの程度による施術法の違いを詳しく見る

効果はどのくらい持続する?

目の下のクマ・たるみ治療は方法によって半永久的に効果が持続する施術と、一時的な効果がある施術の2種類があります。手ごろな値段で試したいならヒアルロン酸注入などの切らないプチ整形ですが、得られるのは一時的な効果で半永久的に持続しません。

効果の持続を詳しく見る

治療後の経過(腫れなど)は?

施術後の腫れ・痛みのある期間をダウンタイムと呼びますが、切らない施術なら比較的ダウンタイムが短くて済みます。プチ整形で有名なヒアルロン酸注入やレーザーなどはほとんどダウンタイムがありません。メスなどで切開する方法はダウンタイムが長くなります。

治療後の経過(腫れなど)を詳しく見る

治療の危険性は?

美容整形は医療行為です。プチ整形と呼ばれていてもれっきとした外科技術を用いた施術です。そのためリスクがゼロとは言い切れません。クリニックによって持っている

専門的な技術も異なります。事前に調べてからカウンセリングを受けましょう。

治療の危険性を詳しく見る

目の下のクマ・たるみを改善するために
知っておきたい知識

目の下にクマやたるみがあると、全体的に顔が老けた印象になりがち。目の下のクマ・たるみができる原因を知り、自分にできたクマがどのタイプかを見分けて、自分でできる改善法を実践しましょう。それぞれのタイプに合ったセルフケアの方法をご紹介します。

クマができる原因

いつの間にか目の下に出現するクマ。単純に睡眠不足や疲れが原因だと決めつけていませんか?実は目の下のクマは血行不良だけが原因ではありません。加齢によるたるみや色素沈着など、さまざまな問題がひそんでいます。

クマができる原因を詳しく見る

たるみができる原因

目の下のたるみの原因はさまざま。加齢で表情筋が衰え下垂する、まぶたの脂肪が多いのに皮膚が薄くてたるむ、まばたきが原因で目の周りの皮膚が衰えてたるむ、化粧品が原因になる場合など、年齢やクセなどによって異なります。

たるみの原因を詳しく見る

クマの改善法

目の下のクマは種類によって改善法が異なります。血行不良が原因のクマにはやさしくマッサージするのが効果的。蒸しタオルや目元専用のホットマスクで血行不良を改善してあげましょう。色素沈着でできたクマは、メラニン色素をとりのぞくケアで改善します。

クマの改善方法を詳しく見る

たるみの改善法

顔全体や眼球の筋肉が衰えることから起こる目の下のたるみ。表情筋を鍛えて顔の引き締めを狙います。顔や眼球周りの筋肉をストレッチしてセルフケアを行うなら、まずは筋肉をほぐし、その後に顔のエクササイズを行うと効果的です。

たるみの改善法を詳しく見る

クマの種類

クマは大きく分けると「茶クマ」「青クマ」「黒クマ」の3種類。それぞれ症状も違えば原因も異なります。クマの適切な解消方法を知るためには、まず自身のものがどの種類のクマにあたるのかをしっかり理解することから始めましょう。

クマの種類を詳しく見る

眼輪筋の衰えによるクマ・たるみができる原因とは?

目の周りを取り囲むようについている、表情筋の一つである眼輪筋。眼輪筋が衰えることにより、目の周りの皮膚が支えきれなくなったり、血行不良になったりします。ここでは、眼輪筋が衰えることによる、クマ・たるみができる原因と、眼輪筋の鍛え方について紹介します。

眼輪筋の衰えによるクマ・たるみができる原因について詳しく見る

目の下のクマ・たるみ治療が得意な美容クリニック比較ランキング